看護師

【実録】看護師の新人教育の悩み。とんでもない新人の指導をすることに!

こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです🌱

6月といえば新人看護師のインシデントが増える時期です。

それは先輩の目が離れ始め、ミスが増えるからです。

とんでもない新人ちゃんの教育を担当したことを思い出しました。

よかったら聞いて下さい。

態度が悪く、先輩から目をつけられてしまった

看護師は3年目、4年目になるとプリセプターになることが多いです。

いわゆる新人1人に対して付く専属の教育係りみたいなものです。

くまみもプリセプターを経験しています。

これが、また問題児の新人ちゃんがいました。

ある日、新人ちゃんがミスをして、

定時を過ぎて他の先輩に指導されていた時です。

こういうときはどう対応した方がいいのか

どうしてあんなミスに至ったのか振り返っていました

しかし、新人ちゃん反省の色が見えず

あろうことか新人ちゃんはため息、

時計を頻回に見る行為をしてしまいます。

指導していた先輩はブチ切れ

「こっちも残業してまであなたに付き合ってるのよ!!
あなたがミスをするということは患者さんに迷惑がかかるの!」

こういった態度は他の先輩たちにもしているようで、

先輩たちに新人ちゃんは目をつけられてしまいました。

他の新人には細かく教えてくれるのに、

くまみの新人ちゃんには必要以上のことは教えてくれなくなりました。

くまえもん
くまえもん
それって、パワハラなんじゃ…?
くまみ
くまみ
私もどうしたらいいか悩んだけど、教えようとしてくれる先輩に対して、やっぱり謙虚な姿勢は新人の礼儀の一つなんじゃないかな。教える先輩も一人の人間だから、相手に嫌な態度を取られると、やっぱり教える気持ちが削がれちゃうよね。
くまえもん
くまえもん
その新人ちゃんに態度悪かった、て教えてあげたの?
くまみ
くまみ
先輩に対して失礼な態度とってること気づいてる?って聞いたら言い訳ばかり。『ため息なんてついていません。もともと呼吸が深いだけです。時計なんて見てません。』自分はそのつもりじゃなくても、先輩は不快に感じてるんだから、って言ったけど。結局先輩に謝りに行かなかったわ…。
くまえもん
くまえもん
看護師うんぬんより、社会人としてそりゃ終わってるね。

わからないまま勝手に行動してしまう

新人の頃、口を酸っぱくして言われましたよ。

とにかくわからないまま行動しない!

患者さんに聞かれてわからないことがあれば

一旦ナースステーションに持ち帰る。

そして、先輩に相談すること!

基本中の基本ですよね。

くまみ
くまみ
ほうれん草!とにかく報・連・相!!

もちろんくまみも新人ちゃんには伝えていました。

ある日、新人ちゃんがナースステーションで

看護記録をしてる時に心電図アラームが鳴りました。

何を思ったのかアラームの消音を押して、

再び席に戻り、看護記録を続けたのです。

この一連の流れを見ていたくまみは

嫌な予感がしてアラームの患者のところへ行きました。

すると、患者はけいれんを起こしていたのです。

幸いすぐに自然消失したけいれんだったため

大きな事故にはつながりませんでした。

心電図はけいれんにより、頻脈を起こしアラームが鳴っていたのです。

ナースステーションに戻り、

新人ちゃんになぜアラームを消音にしたのか問いただします。

新人ちゃん
新人ちゃん
他のスタッフたちがいつも消音を押していたので押しました。

他のスタッフはノイズなのか、

不整脈なのか心電図の波形を判断し、

アラームを消音にしています。

もちろん普段と違う波形だったり、

緊急を要する波形ならすぐに患者さんのもとに駆けつけます。

今回のケースも受け持ち含め、

他のスタッフもこの患者はけいれんが起きやすいことを周知しており、

アラームが鳴ったら要注意だ、と理解しています。

そんなことも知らずに、ただアラームを消すなんて…

くまみ
くまみ
じゃぁ、なんでアラームが鳴ってたのかわかる?心電図の波形の種類は何だった?
新人ちゃん
新人ちゃん
…わかりません。

わからないまま行動するのは患者さんが危険な目に合うから絶対しないで!

くまみ
くまみ
ひー!この子恐ろしすぎる!!

インシデントが続き、結局夜勤を始められない

新人ちゃんは何とか一人でバイタルチェックやラウンドの自立を許可されました。

点滴の更新や接続などの簡単な医療行為も自立していました。

そこからですよね。

よく新人がインシデントを起こしがちなのは…

他の新人さんも点滴や内服忘れなどのインシデントはありました。

しかし、くまみの新人ちゃんはとにかくインシデントがひどい!

とんでもないインシデントを起こします。

点滴を違う患者に誤投与してしまったのです。

たまたま忙しすぎた先輩が、

新人ちゃんに「この点滴を更新してきて」と依頼したそうです。

新人ちゃんは患者の名前を聞き間違え、

点滴のラベルも特に確認せず投与したのです。

忙しいからと、新人に依頼したのも間違いでしたが

ラベルと患者の本人確認を怠っていなければ、防げました。

幸い、命に関わるような薬剤ではなかったので大事には至らず。

上司やくまみがフォローをしていた時は、

看護の基本はできていました。

もちろん、点滴の投与の仕方や、本人確認も行いました。

なので、上司の許可のもと自立させていましたが、

先輩の目が少しでも離れると、

やらかす新人は多いんですよね…

しかし、この新人ちゃんは誤投与以外でもインシデントが続きました。

師長や主任と相談し、

このままではとんでもないアクシデントにつながる!

と、判断した私たちは新人ちゃんの自立を取りやめます。

多重課題が上手くこなせない新人は自立してからボロが出始めます。

ワークシートの使い方や、

ケアを忘れないよう一日のスケジュールの立て方など

一から指導することになりました。

そう簡単に自立の再許可は出してもらえず。

しかも、病態や観察注意点について質問しても、適当な回答。

わからないならそう言ってほしい。

勉強もしていないのに浅はかな知識で当てずっぽうで答える。

そうしたらどれか当たるだろうと思っている新人はアウトです。

そんなクセがつくと、患者さんに質問された時もそんな対応をしてしまうからです。

そして、勉強してこないからどんどんわからないことが増えるのみ。

とうとう、新人ちゃんは夜勤も入れずじまいに。

新人看護師の冷たい態度の裏側にはとんでもない事実が!

こんな新人ちゃん、徐々に上司たちから見離されていきました。

意地悪な先輩なら尚更、

きつい言葉で怒鳴ったり、

心ないことも言う人もいます。

くまみも、マンツーマンで指導しても勉強してこない時点で

教えることは無意味なのかな、と感じ始めます。

しかし、プリセプターになったからには自分だけは見離さずにいようと決心します!

ですが、もうくまみもストレスで胃痛が限界です……

ところでこの新人ちゃん笑顔が全くありませんでした。

新人のいいところと言えば愛嬌と笑顔!

それだけで患者さんは癒される!

検温で対応してるところを見ても、まぁ本当に冷たい態度!

十人十色だし、クールな看護師がいてもいっか!

そう思うようにしていましたが、

患者さんにそっけない態度をしているところを見てしまいました。

さすがにそれはダメだろうと思い注意しました。

仕事が楽しくないのかな?何か悩んでる事はあるのかな?

そう思い話を聞いてみました。

くまみ
くまみ
なんか、患者さんにもそっけないし仕事つらいの??

と聞くと、泣き出してしまいました。

さすがに他の先輩たちから冷たくされたのがこたえたんだな…

夜勤も入れず、いつまでも自立できないし…

かわいそうに…

するととんでもないことを言い出します。

新人ちゃん
新人ちゃん
私、どうしても小児科に行きたかったんです!ずっと小児科の看護師になることに憧れていて…第一志望で出したのに希望が通らなかったんです‼‼どうしても成人や高齢者に興味を持てません。もう、我慢の限界です!今すぐ異動したいです!

泣いた理由はそれかよ…

当時働いていた病棟は神経内科と脳外科の混合病棟でした。

成人か高齢者ばかりの患者しかいません。

確かに新人にしてみれば興味のある分野じゃないと、やる気出ないかな…

でも、看護師になったんだからいろんな分野を学んで、

視野を広げればいいのに。

そう、説得しましたが、

新人ちゃん
新人ちゃん
勉強がはかどらないのも、仕事が楽しく感じないのも、希望の科ではないからです!

と、全く悪気もなく言います。

もう、これを聞いてくまみはこの新人ちゃんの教育をあきらめました!

本人のやる気がないと勉強もしたくないし、

患者さんにも興味がないわけだ!

てか、社会人舐めてるのかよー!!

給料もらって雇ってもらってるんだから、

しっかり働けよ…

くまみ
くまみ
そ…それは、つらいね…。うん、つらい。師長さんに相談してみるね…

はい、師長さんブチ切れです。

そんな甘ったれた考えが通るかー!

小児科に行く前にしっかり下準備という形で、

成人や老年期の看護と技術を磨いてからでも遅くないのでは?

と、説得してみても変化が見られない新人ちゃん。

こんな中途半端な時期に異動になっても先方さんも迷惑な話。

しかし、やる気のないスタッフを養えるほどマンパワーはありません。

半年ほどで新人ちゃんに対するプリセプター教育は中止になりました。

1年間は受け持ちは無しで採血やオムツ交換、物品補充、患者移送など

ひとりでもさほど侵襲の少ないケアだけでもしてもらうことに。

とりあえず働いてもらう!給料の分はとにかく働いてもらう!

どうぞ、2年目から小児科で頑張って!

という、結果になりました。

うーん、小児科に異動しても続くのでしょうか。

いやはや、疲れました…

まとめ

十人十色、新人さんにもいろんなタイプがいます。

でも、勉強する気がない人はいつまでたっても成長しません。

国家試験のために勉強してきた内容はわずかな知識なのです。

他人の命に関わる職業なのですから、

看護師になっても勉強は続けてください!

そして、お願いですから、わからないまま行動しないで!

それが一番怖いです。

希望が通らず、がっくりするかもしれませんが、

いろいろな分野を経験することで、

ベテラン看護師へと成長していくのです。

そして、看護師云々の前に社会人です。

希望の科が通らないからといって、

仕事を放棄するのはどうかと思います

看護師という特殊な職業ですが、

まずは社会人という自覚を持って欲しいですね。

あわせて読みたい
【最新】看護師プリセプターの悩み。新人ゆとり世代の生態を知ると悩みが解決!? 看護師っていろいろな悩みがありますよね。 人間関係、勉強、残業、恋愛 そして、看護師の誰しもが通る道 新人教育...
ABOUT ME
くまみ
くまみ
社会人を経て看護専門学校へ入学。急性期病院で5年間勤務し妊活目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に嫌気がさす。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。