妊活、不妊、流産、妊娠

不妊治療の悩み体験談。イライラしたり、辛い気持ちになるデリカシーのない言葉

こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

不妊治療をしていると、なかなか妊娠しないことに苛立ったり、

悲しい気持ちになったりとてもしんどいですよね。

くまみもけっこう情緒不安定になったりしました。

今回は不妊治療でしんどい思いをしている方たちに共感していただき、

つらいのは自分だけじゃないんだ

イライラしているのは自分だけじゃないんだ

あっ!これわかる、わかる!

と、少しでも気持ちが楽になって頂けると嬉しいです!

くまみ
くまみ
というか、実はみなさんに聞いて欲しいです…

くまみの不妊治療中の嫌だったことや不快になったことを

よろしければ聞いてください。

不妊治療の悩み事例1:デリカシーのない男性の発言

働いている時に一度流産を経験し、

それからなかなか妊娠できませんでした。

不妊症の検査や不妊治療の計画を立てている時期のことです。

職場にデリカシーのない男性スタッフがいました。

空気が読めない、

思っていることを口に出してしまうため女性スタッフから嫌われていました。

ある日、職場の飲み会があり、

たまたまその男性と席が隣になってしまいました。

時間がたったら席を移動しようと思っていた矢先のことでした。

男性スタッフは最近はじめての子供が生まれて、

赤ちゃんの写真を周囲に見せていました。

くまみも見せられ、かわいいですねと言っていると

男性スタッフ
男性スタッフ
くまみさんとこも、もうそろそろじゃないの?結婚してけっこう経つよね?

あー、この手の質問は本当につらいですよね。

ある程度年齢が30代超えていたり、結婚年数が経っているのに

子供がいないのは何か理由があると察して欲しいですよね。

この世の全ての女性が当たり前に妊娠して出産できると思わないでいただきたい。

くまみ
くまみ
子供欲しいんですけどねー。こればっかりは授かりものですから、はは…
男性スタッフ
男性スタッフ
基礎体温つけてるの?病院は?

みんなの前でなぜこんなことを男性に聞かれなきゃいけないんだろう。

基礎体温もちゃんとつけてるし、病院だって行ってる。

それでも子供ができないんだよ。

でも、そのことを職場で発表しないといけないの?

あなたが看護師だからって何を言ってもいいと思わないでいただきたい。

なんで職場の男性に不妊治療のアドバイスをもらわないといけないのか?

みんなの前で恥ずかしい…

なんだか自分が情けなくなりました。

きっと、この男性の奥さんも周囲の人たちもみんな子供に恵まれた人たちばかりなのでしょう。

泣きそうになるのを堪え、

その場の雰囲気を壊さないよう愛想笑いを精一杯しました。

この件依頼、なるべくこの男性スタッフとは距離を置くようにしました。

不妊治療の悩み事例2:産婦人科にやってくる夫たち

毎月、生理が来るたびに病院に行きます。

産科が一緒になっている病院でとても人気なため、

待合い室はいつもいっぱいになります。

緊急やお産で診察時間が遅くなることもあり、

毎回1時間以上は待ちます。

満室の状態なのに、夫や小さなお子さんを連れて来られる方が非常に多いです。

もちろん、胎児の成長が気になるため付き添うのはわかります。

でも、健康な男性が待合室の椅子に座り、

受診に来た他の女性たちが立って待つのはいかがなものでしょうか。

気の利くお父さんは診察の直前になるまで車で待機していたり、

小さいお子さんがいれば、

外で一緒に遊んで待っているステキなパパもいます。

でも、なかには色々なお父さんがいます。

普段、家で子供の面倒をみないのでしょう。

ママが診察で離れたりすると、

子供の相手を上手くできずあたふたしているパパがいます。

子供はパパの言うことを聞かず、

待合の女性たちに近づいたり、走り回ったりしています。

また、長椅子いっぱいにおもちゃを広げて一緒に遊んだり、

ローカで高い高いしたり、ぐるぐるしたりするパパもいます。

危ないので本当にやめて欲しいです。

産婦人科は健康なお母さんたちばかりじゃありません。

婦人科の健康診断や病気、

不妊治療や繋留流産の手術など様々な事情で受診に来ています。

くまみも幸せそうな妊婦さんや赤ちゃんを抱っこしているお父さんの姿を見ると、

うらやましく、また悲しくなります。

くまみも流産せずに胎児が成長していたら、あれぐらいお腹大きくなっていたんだろうな…

夫もああいう風に幸せそうに赤ちゃんを抱っこできたんだろうな…

早く、赤ちゃん抱っこさせてあげたい…

生理が来て落ち込んでいる時に、

待合室でワーワー遊んだり、騒がれると

精神的に弱まっているため、泣きそうになる時もあります。

小さなお子さんを一緒に連れて来ないといけない事情もわかります。

夫と一緒に病院に来る気持ちも十分にわかります。

でも、そんな中で流産や不妊治療で悲しい思いをしている人たちがいることを

忘れないでいただきたいです。

不妊治療の悩み事例3:親戚の集まりには行きたくない

定番かもしれませんが、

昔の人たちって出産しない女性たちがいることを理解できないのでしょうか。

独身を貫き仕事熱心な女性は好きです。

また、子供に恵まれず夫婦仲良く暮らしている人たちも知っています。

お盆やお正月になると、

くまみ側と夫側の親戚に会う度、

どちらも口を揃えて言います。

親戚
親戚
仕事もいいけど、そろそろ子供つくらないの?

子供のこと考えてますけど!!

あなたたち口の軽い人たちに流産したことや不妊治療をしていることを言いたくないのです!

まるで女性は子供を産むことが当たり前のような発言が本当に腹ただしいです…

女性に出産をせかす発言をするものは罰則!という法律ができたらいいのに(笑)

くまみだってできれば早く親に孫の顔を見せてあげたいですよ。

でも、それが叶わないからつらい思いをしているんです。

早く親戚が集まった時の定番セリフがなくなる時代が来て欲しいです。

不妊治療の悩み事例4:芸能人や後輩たちの『30歳までに出産したい』発言

芸能ニュースで有名人が結婚したとなって

会見やインタビューになると

報道
報道
子供は何人欲しいですか?

この発言、セクハラにならないですかね!

不妊治療をし始めてから

このいった報道の発言が気に入りません。

そして、極めつけには

芸能人
芸能人
子供は30歳になるまでに欲しいです♪

この発言も30歳を超えた不妊症のくまみには最近イラっときます。

イラっと来るよりも、

30歳までに産めなかった自分が

なんだか辛くなるんです。

先日、職場の後輩が出産したため

同期と会いに行ってきました。

すると

後輩
後輩
先輩は1人目まだなんですか?私は30歳までにもう1人産みたいです!

悪気はないんだろうけど、

不妊治療をしているくまみにとっては

とても辛かったです。

くまみ
くまみ
くまみも今まで悪気はなくても、自分の発言によってだれかを傷つけたりしてたのでしょうか…

まとめ

現在5.5組に1組は不妊治療で悩むカップルがいると言われています。

くまみの周囲でも不妊治療で悩む人たちはいます。

でも全く無縁の方たちも、もちろんいます。

不妊治療で悩む人がいることをもっと大勢の方たちに知っていただきたいです。

何げない言動や悪意がなくても傷ついている女性たちがいることを忘れないでください。

そして、何げない発言などに

傷ついている女性の方達。

そんな相手には

デリカシーのない世間知らずの恥ずかしい人だ、

と、心の中で同情してやりましょう!

そうすれば、少しでも気持ちが楽になりますよね♪

それでも、生理が来たりすると

とてつもなく落ち込んだり、

イライラすることもあると思います。

そんな時におすすめなのは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
癒されるだけじゃない!
目的別に選べるブレンドアロマオイル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このブレンドアロマオイルは

妊活グッズを取り扱っている

くまみ御用達のハッピーブレッシングの商品なんです。

アロマの香りには、

心身のバランスをとってくれる効果があります。

この香りが好き!と思う時には、

その精油の効果を体と心が必要としているのかもしれません。

ブレンド済みだから初心者さんも安心♪

気分や目的に合わせて4種類からお選びいただけます。

妊活アロマオイル

■ウォーム&ハピネス

↑画像をクリックで楽天で購入
落ち込んだ日は暖かな香りがおすすめ。
ゼラニウムで優しく気分が落ち着きます。

■クールリフレッシュ

↑画像をクリックで楽天で購入
頭の中をスッキリさせたい時におすすめ。
ライムとローズマリーがキリッと引き締めます。

■ディープリラクゼーション

↑画像をクリックで楽天で購入
気持ちが高ぶったりイライラした夜におすすめ。
カモミールの香りでとことんリラックス しましょう。

■スタディー&ワーク

↑画像をクリックで楽天で購入
風邪の引きやすい時期にもおすすめ。
ユーカリ、ミントなどすっきりとした香り。

不妊治療でお悩みの方は、

いつもイライラしたり

気持ちが憂鬱になったりしやすくなりませんか?

そんな時はアロマオイルでリラックスをして、

気持ちをリフレッシュしてみましょう!

ABOUT ME
くまみ
くまみ
社会人を経て看護専門学校へ入学。急性期病院で5年間勤務し妊活目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に嫌気がさす。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。