妊活、不妊、流産、妊娠

流産体験談。2回目の流産は稽留流産でした…手術の実体験を報告

こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

先日、不妊治療から無事に妊娠したことを紹介させていただきました。

あわせて読みたい
不妊症で悩む私が妊娠した体験談①実際にやってみた妊活方法とは?こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです! 先日、不妊症に悩み不妊治療をしていると紹介しましたが よろしければこちらの記事...

しかし、残念ながら2度目の流産をしてしまいました。

悲しくて落ち込んでいる時に、

同じような体験をした人のブログや記事を読んで、

自分だけじゃないんだな、と励まされました。

そのため、くまみも誰かの役に立てるかなと思い、

妊娠発覚から流産手術までの実体験を紹介させていただきます。

不妊治療を乗り越え無事に妊娠した喜びの反面不安も…

甲状腺機能低下症の治療

タイミング法、ホルモン療法、その他サプリメントなど

様々な治療や妊活を行なってきました。

また、今月も生理が来るのだろうと希望は薄かったです。

しかし、なかなか生理が来ませんでした。

でも、生理前の症状であるおっぱいの張りは続いていました。

もしかしたら…と生理予定日から日に日に期待は強まっていきます。

早く妊娠検査薬を使いたい!

という気持ちを抑えつつ、

生理予定日から1週間が経ちました。

妊娠検査薬を使用し、

今回はくっきり陽性反応が出ました。

その結果に夫は大喜び、

でもその反面、

くまみは心から喜べませんでした。

1度目の妊娠の時に流産を経験しているからです。

また流産したらどうしようという不安な気持ちと

やっと妊娠できた!という喜びと入り混じっていました。

早めの産婦人科へ受診し、期待は膨らむばかり

前回の生理と排卵日から計算して妊娠4週目くらいかなと思いました。

ネットや妊娠サポートアプリによっては

『早まる気持ちを抑えて!』

『病院にはまだ行かなくてもいいよ!』

と書いていますが、

くまみは早めに行った方がいいと思います。

なぜなら、子宮外妊娠の場合、

早期発見が重要になってくるからです。

また、早めにエコーを実施することで胎嚢袋の大きさを

今後比較しやすいというメリットがあります。

早めに受診することにデメリットなんてないと思っています。

また、くまみの場合は前回流産をしていること、

不妊治療で病院に通院していたため、

生理予定日から1週間程度で受診することにしました。

エコーの結果、無事に妊娠していることがわかり胎嚢袋を確認することができました。

医師から前回流産しているから慎重にみていきましょう、と言われました。

1週間後、再受診。

胎嚢袋は大きくなり、さらにその中に小さい付属物がみえました。

確実に成長してる!とくまみは喜んでいました。

しかし、その反面なぜか産婦人科の先生はうーん・・・という反応です。

くまみの場合、毎月排卵をチェックしてもらっていたため、

排卵日がいつなのかはっきり判明しているのです。

エコーで胎嚢袋の大きさから徐々に妊娠週数が判明することができます。

排卵日から計算した妊娠週数と、

エコーからの妊娠週数が一致しないと言います。

つまりどういう事かと言うと、赤ちゃんの成長が遅いのです。

そのため、毎週診察に行くことになりました。

毎週受診し、エコーを撮るたびに赤ちゃんは成長していきます。

胎嚢袋も徐々に大きくなり、

リング状の卵黄嚢がはっきり見えて、

その後も胎芽が見えました。

でも、先生は成長が遅いねと言います。

排卵日から計算して週数8週目で心拍を確認することができました。

エコーで小さく動いているのが見えました。

前回の流産の時は、

心拍を確認することなく自然流産していますので、

やっと妊娠した実感が湧いてきて心の底から嬉しかったです。

また、赤ちゃんの心拍を確認できたら流産の確率は下がると言われています。

そのため、心拍を確認できた時とても安心しました。

でも、先生はまだ成長が遅いと言います。

心拍を確認できても急に止まる人もいるからと恐怖心を煽ります。

しかし、くまみは毎週成長しているので、

不安よりも期待が上回っていました。

赤ちゃんの心拍を確認してから1週間後、

どれくらい大きくなっているのかな、とワクワクして受診しました。

この日は夫も仕事が休みだったため付き添っていました。

診察台に乗り、エコーを確認して映像を見ていると

いっきに不安が押し寄せてきました。

あれ、赤ちゃん動いてないんじゃないの…?

先生も何度もエコーで探ってくれたりしましたが、

「残念だけど、心拍止まってるね…」

期待していただけに絶望感が強く、

とてつもない悲しみが押し寄せてきます。

付き添っていた夫も呼ばれ、二人で説明を聞きます。

希望からいっきに絶望へ

「もともと胎児の成長が遅かったことが気になっていたけど…残念ながら稽留流産ですね。」

出血や腹痛もなく、胎児が子宮の中で亡くなってしまっている稽留流産と診断されました。
悲しみと絶望で頭が真っ白になりながら医師や助産師からの説明を聞きました。

数日後にもう一度エコーを確認し、

心拍の停止を再確認した後、手術の前処置をすると言います。

前処置の翌日に、

全身麻酔で15分ほどの手術を行い子宮の赤ちゃんを取り出すと説明を聞きました。

自宅に着いてからいっきに涙が溢れだし、夫と二人で号泣しました。

どこかで不安を感じていましたが、やっとの思いで妊娠し、

ゆっくりながら成長して動いている赤ちゃん。

くまえもん
くまえもん
きっと、俺たちと似てマイペースでおっとりさんなんだよ。大丈夫だよ。

と励ましてもらいながら、胎児の成長を楽しみにしていました。

でも、今お腹の中にいる赤ちゃんはもう亡くなっているんだと思うと

毎日涙が止まりせんでした。

稽留流産の前処置と手術

手術前日にもう一度、エコーを撮りました。

心のどこかで、もう一度動いていないかな、

先生の誤診であってほしい!!と祈っていました。

でも、やっぱり動いていませんでした。

子宮口を広げて翌日手術がスムーズに進めるよう前処置を行います。

細い管でタンポンのようなものを子宮の入り口に置いて

そのタンポンがどんどん水分を含み子宮口を広げるという処置だそうです。

管を入れる時少しチクっと感じましたが痛みは気になりませんでした。

ただ、徐々に通常の生理痛のような重だるさは感じましたが

念のため鎮痛剤を処方されていたため

睡眠時に内服し朝までぐっすり眠れました。

手術当日。

全身麻酔なんてまさか自分がするなんて。

むしろ全身麻酔を受けた患者さんの看護をする側でしたからびっくりですよ。

手術にかかる時間は約15分から20分。

朝、病院についてからもうあっというまです。

術衣に着替えて、あれよあれよと手術台に乗せられます。

怖くて震えました。

そして、手背にルートキープされ点滴が流れます。

「今から麻酔を流すけど、流したところからジーンと重たくなるよ。」

確かに手背から肘にかけてジンジンと重たくなります。

「目を閉じてー、深呼吸してみましょうか。」

吸って…息を吐き出した瞬間から記憶がありません。

うっすら目を開けた時はすでにベッドに移乗されていました。

「くまみさーん!お腹痛くないー?」

うっ、確かに生理痛みたいに痛い。

くまみ「お腹痛い…。」

「座薬入れるよー!」

鎮痛剤の座薬をお尻から入れられ、再び眠りにつきました。

手術から約1時間後、ほぼ覚醒しました。

くまみ「あー、手術終わったのか。なんか不思議な気分だなぁ。眠らされたから一瞬だったなぁ。

というのが感想です。

全身麻酔は人生で初めてでしたが、

こんなにも一瞬で手術が終了しているなんて、

医療の力ってすごいなと思いました。

そこからウトウトしたり、すぐ目が冷めたりを繰り返し、

手術終了後約2時間で完全に覚醒し歩けるようになりました。

第一歩行を行い、フラフラしながらトイレに行きます。

点滴をされていたため、尿が貯まっていました。

おしっこの出にくさがありました。

その後、診察をしてもらい膣内のガーゼを取り出してもらいました。

何もなくなってしまったエコーの映像を見て、

くまみ「あー、赤ちゃんいなくなっちゃったな。」

と、本当に赤ちゃんいなくなっちゃったんだな、

という実感を感じた瞬間でした。

夫に支えられながら帰宅し、再び涙が止まりませんでした。

きっと、また赤ちゃん帰ってきてくれるよね。

また、一緒に頑張ろうと、二人で誓いました。

術後の腹痛は生理痛のような感じでした。

術直後に座薬を使ってからは鎮痛剤を使用せずに済む程度の痛みでした。

子宮の中に出血が貯留しないよう、しばらく子宮収縮剤を内服しました。

通常の生理のような出血が続き、止まったのは1週間程度、

ただ、オリモノは多く完全になくなったのは2週間はかかりました。

2回連続の流産で不育症の可能性を考慮

術後は翌日と1週間後と、2週間後に診察に行きました。

今回で2回連続の流産となった件について先生とお話ししました。

3回連続で流産することを習慣流産といい、不育症と考えられるようです。

ただ、2回連続で流産した場合、

不育症の可能性を考慮し早めに検査をした方がいいと言われました。

不妊症や流産の原因となる甲状腺機能低下症をすでに患っていますが、

定期的にフォローしてチラーヂンの内服もしていました。

甲状腺ホルモンの値も正常値で今回の流産との関連性は低いと言われました。

不育症の原因としては自己免疫性疾患や抗リン脂質抗体症候群などがあり、

採血で調べることになりました。

結果はすべて陰性でした。

流産の原因として一番多い胎児の染色体異常ではないかという結果になりました。

生理は1周期のみ見送って、子作りを再開しても良いと言われました。

次の生理が来たら不妊治療を再開していきましょうとなりました。

不育症の診断には至りませんでしたが、また3回目の流産をしたらどうしよう。

それよりも、また妊娠するまでに時間がかかるのかな…

と思うと不安でいっぱいです。

流産してからしばらく立ち直るまでに

心拍を確認していただけあって、喪失感がとても強かったです。

ふいに涙がこぼれることもありました。

術後の診察でも、産科が併用されている病院のため妊婦さんたちがたくさん来ます。

正直、流産した後のメンタルで産科がある環境はきつかったです。

気持ちが落ち込んでいるなか、マタニティー本を読む妊婦を見たり、

付き添いに来ている子供たちが騒いだり、

お父さんが赤ちゃんを楽しそうにあやしている姿を見ると、

居たたまれなくなりました。

近所でもママ友軍団が集まって子供たちとワーワー遊んでいると、

つらくなって引きこもり気味になりました。

そんなくまみを見て、夫はなるべく外へ買い物に行ったり、

くまみの好きなものを食べに連れて行ってくれました。

くまえもん
くまえもん
くまみの大好きな、みたらし団子買ってきたよ!
ありがとう、くまえもん…。(ここの、みたらし団子遠いのにわざわざ買いに行ってくれたんだね・・・優しいな。)

心配した友人も話を聞きに来てくれたりもしました。

そのおかげで憂鬱になっていましたが、

少しずつ元気が出てきて前向きに考えることができるようになりました。

また、生理が来たら病院に行って不妊治療を頑張ろうと思います。

まとめ

2回も流産したのは本当につらかったです。

このブログに来てもらった人たちに、

子供を生むことは決して容易ではないこと、

つらい経験をしている人がいることを知っていただけると嬉しいです。

また、同じように悩む方の少しでも励みになればいいなと思い紹介させていただきました。

この記事を書くのは、正直辛い気持ちになりますが、

この辛い気持ちを忘れず、

命の尊さを改めて感じ、

まわりの人たちの支えや大切さを実感できた、

そんな思いで書いてみました。

あわせて読みたい
初めての妊娠と流産。不妊症の検査で発覚した甲状腺機能低下症。こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです! 前回、妊活のためになぜ看護師を辞めたのか紹介しましたが https://kas...
あわせて読みたい
流産術後から3か月、初めて卵管造影検査をした体験談を実態報告! 妊活を始めてからもうすぐ2年。 不妊症治療をしつつも、2回は妊娠しましたが 残念ながら2回流産しています。 前...
ABOUT ME
くまみ
くまみ
社会人を経て看護専門学校へ入学。急性期病院で5年間勤務し妊活目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に嫌気がさす。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。