看護師

看護師夫婦の結婚事情。看護師の妻と結婚したメリットとデメリット

くまえもん
くまえもん
ドーモ!道楽者看護師夫婦、夫のくまえもんデス。

看護師と知り合いたい、

嫁にするなら看護師がいいな、

彼女が看護師なんだけどこのまま結婚してうまくいくかな?

なんて考えてるあなた!

確かに看護師はあらゆるサイトの嫁にしたい職業ランキングで常に上位!

いやむしろほぼ1位!

それだけあなた&世の男達は癒しを求めているのです。

だってそうじゃないですか?白衣の天使ですから。

しかし!本当にそう思っているのなら、

看護師と結婚したいだなんて思わない方がいいです。

残念ながら、現実と妄想は違うからです。

白衣の天使?笑ってしまいます。

看護師なんて気が強くてサバサバした女性ばかり!

むしろ癒しを求めているのは彼女達の方です!

ただの癒しクレクレちゃんは今すぐ回れ右した方がいいでしょう。

・・・

しかしそれでも尚、残っているあなた。

あなたならもしかしたら、彼女と出会うことができるかもしれません。

誰かって?

そう!伝説の白衣の天使です。

正直に言いましょう。私は知っています。

職場でもプライベートでも変わらずその愛くるしい笑顔で癒しを与えてくれる天使達を!

ですから、あなたも諦めずに看護師との出会いを積極的に求めて行動すれば、

きっと、巡り会うことができるでしょう!

しかし、なんのツテもなく看護師と出会うなんて難しいでしょう。

患者として入院する?バカげています。

そんなことをしなくても看護師と確実に出会える方法があります。

っと、その前に、実際に看護師を妻としている私が、

妻が看護師であることで、

デメリット(心配なこと)や、メリット(良かったこと)等を教えてあげましょう!

そんなのはいいから早く看護師と確実に出会える方法を教えて欲しいって方は、

こちらからジャンプしてください。→【話を飛ばす

デメリット(心配なこと)

暴力的だったりする患者が入院してると心配

今の時代、患者さんの多くは高齢者で、

更にその多くは認知症を患っている方が大半です。

先に伝えておきますが、これから書くことは全ての認知症患者さんに当てはまることではないので、偏見は持たないでください。

認知症の方というのは、記憶障害や判断力の低下、失語や見当識障害など様々な機能障害を持っています。

その程度にはもちろん個人差があります。

そして、認知症の方は、自分の生活環境によるストレスを受けやすいです。

不安や苦痛、身体的な不調や他人から嫌なことをされたりすると、

BPSDといって、妄想や幻覚、徘徊や、暴力・暴言といったことが症状として現れてしまいます。

もう一度伝えておきますが、全ての認知症患者さんが常にこういった症状があるわけではありません。

しかし、実際に自分の病院でそういう患者さんに腕を噛まれて出血したスタッフや、

殴られたり蹴られたりした女性スタッフを知っていると、

同じように看護師として働いている妻のことが心配になります。

意地悪な先輩にいじめられないか心配

看護師はまだまだ女社会です。

男性看護師も増えてきていますが、

割合としては女性が圧倒的。

そして派閥もあれば、新人いびりや陰湿な意地悪をする人もいます。

患者さんもよく言いますよ。

「男の人は優しいのにね〜」と。

私は特に今まで嫌な目にあったことはありませんが、

時々同期や後輩に嫌味ったらしく、注意してんのか怒ってんのか指導してんのかもうよくわからないけど、

とりあえず男の私から見ても「この人キッツイな〜」と思う女性はいますよ。

指導的に怒るのと、ただ感情的に怒るのとでは受ける側も違いますよね。

でも仕事柄、余裕がないとイライラ、ピリピリしてしまうのでしょう。

できる限り被害者にならないよういてもらいたいと思います。

医療事故を起こさないか心配

看護師といえばやはり患者さんの命を預かる仕事。

私ももちろん、自分の施行する行為に細心の注意を払って仕事に取り組んでいます。

それでも時に起きるのがヒューマンエラー。

大きい医療事故なんかは度々ニュースにもなっています。

万が一、妻が患者さんに不利益を与えてしまった場合、もちろん申し訳ない気持ちはありますが、

正直、夫としてはそんな大変なことをしてしまった妻の心身が一番心配です。

他には針刺し事故などによる感染のリスクです。

感染症の患者さんと接する機会もありますので、

例えプロとして対策はしていても100%安全な保証はないです。

そんなリスクと日々隣り合わせの看護師。

プライベートでは仕事を忘れて癒しや元気を与えてあげられる男でありたいものです。

医者と不倫してないか心配

そんなの現実ではないないと思いつつ、

あるあるなのがこれです。

大きい病院に勤めていればイケメンドクターと出会う確率も上がりますし、

医者はやはり経済力もあります。

実際、耳にしたこともありました。

正直、私は妻からいくことは心配していませんでしたが、

忘年会や新年会や何かとイベントがあったりしますので、

そんな時に悪い虫が寄ってこないかは心配でしたね。

メリット(良かったこと)

怪我や病気の時心強い

私も看護師なのでわかるのですが、

多少の怪我や病気っぽい時、あんまり心配はされません。

私の妻なんかこないだ私が「風邪ひいたかも…」と言ったら、

「はぁ〜」なんてため息つきましたからね!

デパートに買い物に行く予定だったのが行けなくなってしまったからなんですけど。

また別の日。

咳が2週間くらい続いてた時、仕事も忙しくて病院に行くのも後回しにしていた時は、

「そんなにしんどいんだったらさっさと病院行って来なよ」なんて言われました。

ひどいもんです。

でも、私も看護師なのでわかるのですが、まあ大したことではないのです。

逆に、本当にヤバそうな時は顔色や表情見ただけで病院に連れてってくれました。

職場では、もっともっと重症な患者さんを診ているせいか、

入院するほどでもないようなことに関しては一般の人よりもあっけらかんとしているのかもしれません。

でもそういうのがわかる、判断できるってのも国家資格を持った看護師だからこそだと私は思います。

もちろん過信はいけませんけど。

ただやっぱり頼りになるし心強いです。

まあ、妻の言い方に関しては後日しっかり改めてくれるよう言いましたけどね(笑

そのせいか、私がちょっと調子悪いときは、優しく心配してくれるようになりました。

それというのも、逆の立場だった時に私は妻のためにいつにも増して尽くしますので、

そういった誠意が伝わったのでしょう。

もちろん、元から本当はとても優しいことは知ってますよ。

プライベートがだらしなくてもお互い様

これは良かったことなのか!?(笑

先に1つ言っておくと、私は一人暮らしもしていましたし、

基本的に家事などは妻がするものだとは思ってません。

手伝うという意識もないです。

自分ができるときはするし、自分が仕事の間に妻がしていてくれたなら、

ありがとうと感謝します。

その上で、例えば互いに仕事で疲れている時には、

「今日は外食で済ませよう」

「洗濯物は次の休みでいいんじゃない」

などと自分たちが楽することを優先させるので、無理することはありませんでした。

看護師という仕事はとにかくキツイので、

職場で気を張ってる分、

プライベートではルーズにゆるく過ごしたい女性は多いのです。

毎日コンビニもので食事を済ませてる子も実際いましたよ。

まあこれに関しては、共働きなのにさらに家事まで妻に任せて自分はしたくないといった男性は回れ右した方がいいですね!

逆に、俺の方が帰るの早いから料理は任せろ!洗濯もしとくよ!

なんて心意気の男性は好感度アップ間違いなしですよね!

給料がいい

看護師って、仕事内容はともかく、

その辺の中小企業の平社員よりは年収がいいと思います。

なので「夫より私の方が貰ってる」なんて女性看護師はザラです。

時々、「自分より彼女の方が収入上なんだけど結婚してくれるかな…」

なんてお悩み相談をみかけますが、

そこは正直、人によります(笑

そりゃそうじゃないですか?十人十色です。

仮に、高望みをする女性に無理に頑張ってアタックしても、価値観の違いで後々自分がしんどくなっていくだけです。

そんなことよりも、どうすることが相手の幸せに繋がるかということを考えてください。

そこにマッチする女性こそがあなたにとっても最高のパートナーとなるでしょう。

もちろん現実的な意味で仕事頑張って昇給して稼ぎが相手よりも上回ることは素敵です。

しかし今の時代そんなの難しいですよね。

幸いにも、収入が多いことが必ずしも幸福に直結するわけでは無いといいます。

だとしたら自分自身にプライスレスなプラス要素を付加してアピールポイントを増やしましょう!

白衣の天使と巡り合うためには自分磨きも大事なのです。

その上で妻の稼ぎも良いとなればラッキーじゃないですか。

結婚するのであれば、自分よりも収入があるかないかなんてことよりも、最終的には人間性だと思います。

結婚したからにはどんな困難も支え合って一緒に乗り越えられる男性で在ることを胸に秘めておきましょう。

妻が夜勤の時は1人で自由

私たち夫婦は一日中一緒にいても全然苦にならない(と私は思っている)のですが、

それでも自分だけが休みだったり、

特に自分は明日休みで今夜は相手が夜勤で居ないという時!

一人きりの夜!

自分だけの時間を自分だけのために使えるという謎のワクワク感!

といっても大層なことをするわけではないのですが。

まあまあ、でもとりあえず

そんな時の晩飯はジャンクフードと相場は決まっています。

マックやロッテリア、吉野家にカップラーメン!

うまい。

妻の手料理も最高にうまいが、

独身に返ったようにジャンクフードを頬張るのもまた格別!

日本に生まれて良かった!

そしてオールでゲームをしまくるのです!

ヘッドホンをして没頭していればVRじゃなくてもまるでゲームの中にいるかのよう!

そして程よい眠気とともに落ちるのです。

まあ時間の使い方は人それぞれですが、こんな過ごし方もたまにはいいものです。

まとめ

とまあ、こんな感じでしょうか?

で、白衣の天使は!?って話ですが、

お察しの通り、白衣の天使とは、

私たち男性が育てていくものなのです。

自分がどう女性と向き合うかに寄って、

白衣の天使はその笑顔と優しさを、

プライベートでも魅せてくれるのです。

ただ欲しがるだけの人には振り向いてはくれないのです。

でも、それならば、

自分が努力し、思いやりの心を育んでいけばいいじゃないですか。

約束通り、看護師と確実に出会える方法をここに紹介します。

【ホワイトパートナーズ】というマッチングアプリですが、

女性は看護師・看護学生限定となっています。

看護師でない男性からしたら怪しいサイトじゃないかと思うかもしれませんが、

看護師・看護学生なら誰もが知ってるといえるほど知名度の高い、

ナース専科」という情報コミュニティサイトが監修しているため、

女性サイドでは安心感があると定評のマッチングサイトです。

男性の登録には条件がありますが、料金システムは明確です。

こちらの記事(看護師の恋活・婚活マッチングのホワイトパートナーズで出会いを!)は女性向けに書いたものですが、

どんなサービスなのか紹介していますので良かったら見てみてください。

また、今回の看護師の妻との結婚生活に関して他に、

「こんな時どうなの?」

とか、

「こういうことありますかー?」

みたいな質問があれば是非コメントください!

お待ちしてます☆

ABOUT ME
くまえもん
くまえもん
このサイトの管理人。転職を繰り返した末、安定を求めてとりあえず看護師の国家資格を取得するも、やはりもっと自由に生きたいと願い、収入を増やすため副業にチャレンジし始めたとある漢!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。