スマホ、iPhone

【一般目線】新型iPhone XS Max発表!6s Plusから何が変わったのか比較!

ドーモ!道楽者看護師夫婦、夫のくまえもんデス。

2018年9月12日(日本時間9月13日2:00)、

Apple Special Eventにてとうとうその姿を披露した新型iPhone、

種類は3種類で、

「iPhone XS」5.8インチディスプレイ

「iPhone XS Max」6.5インチディスプレイ

「iPhone XR」6.1インチディスプレイ

となってます。

新作発表ってすっごくワクワクしますよね!

今度のiPhoneはどんなフォルムをしてるんだろう?

新しい何かが出来るようになるのかな?

めっちゃ期待します。

私が今使ってるのはiPhone 6s Plusなので、

どれくらいの進化があるのか、この発表をもう本当に楽しみにしていました!

ちなみに今回の新型iPhoneの発表の後に気が付いたのですが、

アップルのサイトからiPhone 6のページが無くなっていました。

もう買い換えようよ!ってことなんですね♪

それでは私なりにiPhone 6s Plusと、新型の中でも上位(購入予定)のiPhone XS Maxを比較してみたいと思います!

私なりになので、比較対象は私が重視する部分になります!

でも多分、多くの方が気になる部分だとも思いますよ!

iPhone史上最大のディスプレイ

iPhone XS Max iPhone 6s Plus
ディスプレイサイズ 6.5インチ 5.5インチ
解像度 2,688×1,242 1920×1080
液晶 Super Retina HDディスプレイ Retina HDディスプレイ
本体サイズ縦横(mm) 157.5×77.4 158.2×77.9
厚さ(mm) 7.7 7.3
重量(g) 208 192

iPhoneは2017年に発売されたiPhone Xから画面上部に配置されたノッチ(切り欠き)タイプの画面となっています。

ホームボタンもこのiPhone Xからなくなりました。

これはつまり従来のiPhoneよりもディスプレイの領域が限りなく広がったといえます。

どういうことかというと、わかりやすい画像を公式より用意しました。

iPhone比較画像
<引用元:Apple

どうですか!?

本体サイズはほぼ変わらないのに表示領域が圧倒的に広くて美しい!!!

今までのiPhoneの中で最大サイズのディスプレイになります。

なんかもうこれだけでiPhone 6s Plusを使ってるのが損な気分!

誰もが注目のカメラ性能!

iPhone XS Max iPhone 6s Plus
バックカメラ デュアル12MP(広角と望遠)
(1200万画素)
シングル12MP
(1200万画素)
インカメラ 7MP(700万画素) 5MP(500万画素)
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)

1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)

4Kビデオ撮影(30fps)

1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)

ん〜正直カメラ関係に関してはパッとしない感じですかね〜

って比べるのこれだけかよって声も聞こえてきそうですが…

でも私のような素人からしてみたら、

背面のカメラの画素数と、フロントで自撮りするのになるべくこれまた画素数が良ければいいってくらいの認識なのでこんなもんですかね〜

圧倒的パフォーマンスを実現する最新SoCや、進化した耐水性能

iPhone XS Max iPhone 6s Plus
SoC A12 Bionicチップ A9チップ
容量 64G、256G、512G 32G、128G
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間) なし
セキュア認証 Face ID(顔認証) Touch ID(指紋認証)
Apple Pay Face IDを使った、店頭、アプリケーション内、ウェブ上でのiPhoneによる支払い

iPhoneに入れたSuicaによる電車などの交通機関の利用、店頭での購入

Touch IDを使った、アプリケーション内とウェブ上でのiPhoneによる支払い
カラー シルバー
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
ローズゴールド

SoCとはSystem on a Chipの略で、CPUやGPU、LTEやWi-Fi、オーディオ、セキュリティやシステムメモリなどを1つのチップの上に集めた言わば集積回路のことです。これによってその機器の性能がどんなものかわかるのです。

A12 Bionicチップは、前世代ハードのiPhone Xに搭載されていたA11 Bionicチップよりも、

2つの性能コアは、最大15%高速で、

4つの効率コアは、最大50%少ない消費電力、

グラフィックス性能は、最大50%高速だそうです。

Appleが開発したGPU。
新しい4番目のコアとロスレスメモリ圧縮は、ゲーム、ビデオ編集、高度で複雑な表示が求められるアプリケーションのグラフィックス性能に大きな進化をもたらします。

<引用元:Apple

なんだかわからないがとにかく凄そう!

昨年発売のiPhone XのA11 Bionicチップと比べてもこれだけ進化しているんです。

それに比べてiPhone 6s PlusはA9チップですからね!

A9からA12 Bionicへと進化したCPUがどれほどの違いを見せてくれるのか楽しみです!

これに対応したゲームのクオリティもさぞすごいんでしょう!

ビデオ編集もサクサク出来る感じなんですかね〜!

iPhone 6s Plusでは無かった耐水性能も嬉しいですね!

急な雨に降られてiPhoneが濡れてしまうこともちょいちょいあるんですよ〜

壊れちゃわないか心配でしたがこれで安心!

カラーに関しては私はあまり重要視しませんが一応載せてみました。

カバーつけると見えないですからね。

電源とバッテリー

  iPhone XS Max iPhone 6s Plus
ワイヤレス充電 ワイヤレス充電(Qi充電器に対応) なし
連続通話時間 最大25時間(ワイヤレス) 最大24時間
インターネット利用 最大13時間 最大12時間
ビデオ再生 最大15時間(ワイヤレス) 最大14時間
オーディオ再生 最大65時間(ワイヤレス) 最大80時間
高速充電 30分で最大50%充電  なし

そうですね、バッテリーはそこまで変わらずといった感じでしょうか。

微増…

てかむしろオーディオ再生は激減してるじゃん!!!!!

ワイヤレス充電は魅力的ですよね!

充電ケーブルの抜き差しって面倒なんですよね、

特に寝る前とか!

暗闇の中で差込口探したり!

高速充電は急いでる時に嬉しい!

まとめ

素人的、

いやむしろ一般ユーザーが比べそうなすごく大雑把な比較でした。

ん〜どうですかね?

ちょいちょいと良いなって部分はあるんだけど…

正直な感想としては、

「これだけ?」

って感じでした。

私の目に付いたものがってことですけど。

今回の新型iPhoneにはとても期待していたんですけどね〜

久しぶりに買い換えるってんでワクワクしてました、

今回のイベントもずっと前から楽しみでしょうがなかったんですが…

なんていいましょうか、パフォーマンスの向上はもちろん良いのですが、

もっと機能的に目新しいものが欲しかったですね〜

Apple Pencilが対応するかもなんて噂も出回ってたもんだから期待していたんですけどね!

これでは買い換えようという気持ちも半減でした。

ん〜残念!

iPhoneの比較は公式サイトで出来るので購入を考えてる方はこちらでチェック!!!

あわせて読みたい
【2018秋スマホ】iPhone XS MAXとGalaxy Note9どっちが買いか!?いよいよ発売された新型iPhoneの「iPhone XS MAX」「iPhone XS」。 私もそろそろiPhoneの買い替えを検...
ABOUT ME
くまえもん
くまえもん
このサイトの管理人。転職を繰り返した末、安定を求めてとりあえず看護師の国家資格を取得するも、やはりもっと自由に生きたいと願い、収入を増やすため副業にチャレンジし始めたとある漢!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。