ライフ

【いい夫婦】夫婦円満の秘訣とは?仲良し看護師夫婦のコツを紹介!

くまみ
くまみ
こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

くまみと夫のくまえもんは仲が良く

周囲からも

くまみさんところは本当いつまでもラブラブだよね。仲良いよね。

と、言われることが多いです。

せっかく縁があって結婚したんだから

なるべく仲良く過ごしたい

できれば離婚したくない

そう思いませんか??

くまみ夫婦がなぜ夫婦円満でいられるのか

その秘訣を今回は紹介します。

家事分担の担当は最初にはっきり決めておく。

夫婦喧嘩や離婚原因にもなり得る家事分担問題。

近年では共働き夫婦が増えてきており、

特に家事分担でのトラブルが多発しています。

従来より日本は女性が家事担当、

男性は仕事

という、古い風習がすっかり根付いています。

詳しく知りたい方はこちらの記事も参照してみてください。

あわせて読みたい
共働き夫婦の上手く家事分担をするためのコツ!夫への不満が解消!こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです! 最近、外国の生活や旅行を取り上げている番組多いですよね。 それだけ日本人は外国...

結婚するときに

家事について暗黙のまま結婚生活を始めてしまうと、

共働きでも男はどこかで女が家事をすると思い込んでいるところがあります。

しかし、共働きなので妻は

妻
なんで私ばっかり!

と、不満を感じます。

それは当たり前です。

だって同じように朝出勤して、時には残業もして帰ってくる。

同じように帰ってきて妻は食事の準備や洗濯

夫はテレビを見てビール。

しまいには、

夫
おかえりー!今日の夕飯なに??お腹空いたわー。

と、妻を完全に母親のように思っている夫もいます。

そんなの不満がたまるに決まっています。

共働き夫婦であれば必ず家事分担協定を結びましょう!

例えば、

夫の家事分担は

ゴミ出し、風呂掃除、食器の後片付け

妻の家事分担は

料理、掃除、洗濯

など、決めておくと後々トラブルになりにくいと思います。

そして、ここからがくまみの夫婦円満のコツです。

共働きでも、時期によってはどちらかが多忙になったり、

残業が増えたり、どちらが先に帰宅するのか違ってきたりすると思います。

そんな忙しそうで疲労感の伺えるパートナーの姿をすかさずキャッチします。

そして、相手の担当の家事を率先して変わってあげましょう。

すると、有難く感じ、妻の優しさを感じた夫は

次は俺もやってあげようと思うのです。

くまみ
くまみ
もうお風呂洗ってお湯溜めてるよ!食器の洗い物いいから、先にお風呂に入っておいで
くまえもん
くまえもん
くまみ、ありがとう!お言葉に甘えさせてもらうわ。

もちろん逆のパターンだって必須です。

くまえもん
くまえもん
休みだったから掃除と洗濯しといたよ!あと、ご飯も炊いてるよ!
くまみ
くまみ
くまえもんありがとう!ほんと助かる!最近忙しくてヤバイ・・・

そして、お気づきの方もいるかもしれませんが

この会話の中にも実は夫婦円満のコツが隠されています!!

家事をしたことは堂々とアピールしてもいい!たくさん褒めてもらおう!

上記の会話の流れのように

はっきりと家事を代行したこと、

または、今日は何の家事をしたやら、

パートナーにアピールしましょう。

誰でも頑張ったことは評価されたいですよね?

褒めてほしくないですか?

仕事でも

頑張ったのに誰も見てくれない、

上司からも評価されない、

仕事のやる気が落ちます。

家事をすることが当たり前の日常になり、

誰も褒めてくれない、

家事だってやる気なくなります。

家事だってたくさん褒めて欲しいです!

くまみとくまえもんは結婚してもう何年もたちますが

相手が家事をしてくれると必ずどちらも

ありがとう

を伝えます。

くまみは、くまえもんがどんどん家事をしてくれるように

くまみ
くまみ
くまえもんが掃除してくれたらいつもキレイだよね。助かるわ~
くまえもん
くまえもん
えへへ、でれでれ

という風に、とにかく相手を褒めます。

特に男性は褒められると嬉しいものです

お互いを労い感謝し、

褒め合うことを

習慣づけることで

家事をすることにお互い評価し合い、

家事への不満が減っていくのです。

これはまさに円満の秘訣だと思っています♪

相手の趣味を否定せず、夫婦で一緒にやってみよう!

くまみ夫婦が仲良しなのは

とにかく趣味の一致が多いことです。

最初から趣味が一致したわけではありません。

例えば音楽や好きなアーティストが違って、

最初は毛嫌いしていても、

しぶしぶ一緒にコンサートに行ってみたりすると

くまみ
くまみ
何でこのアーティスト好きだったのか理解できなかったけど、コンサート行くと印象変わるもんだわ!

と、すっかり夫が好きなアーティストのファンになっています。

また、くまみはグルメがとにかく大好きですが

くまえもんは全く興味ありませんでした。

でも今ではすっかり食べログや一休でチェックしたり

くまえもん
くまえもん
ここのハンバーグはなかなかおいしい!でも、あの店の方がうまいな!

すっかりグルメ評論家で、

グルメ巡りに積極的になりました。

趣味の不一致で

夫婦円満にいかないカップルも多いです。

まずは相手の趣味に興味がなくても参加してみてください。

食わず嫌いなところもあるかもしれません。

実際に挑戦してみると

すっかりハマってしまうこともあります。

それでも、やっぱり趣味が合わないこともあります。

でも、その時は絶対に相手の趣味を否定しないでください。

夫婦といえど、一個人です。

感性も違います。

その感性を押し付けあうのは違うと思います。

相手の趣味を温かく見守ってあげてください。

そして、夫婦で新しい趣味を探しにいくのも

夫婦円満のコツですね。

趣味を一緒に探すことで

旅をしたり、スポーツをしたり

芸術を楽しんだり。

それだけで十分ラブラブなデートになります。

夫婦や家族だからと価値観や生活習慣を押しつけない

結婚生活が始まって最初にぶつかる壁は

お互いの価値観の違いや生活習慣の違いではないでしょうか?

例えばですが、

洗濯物のズボンは物干し竿にかけるか?ハンガーに吊るすか?

お風呂から上がって体を拭く時はバスタオルか?フェイスタオルか?

エビフライのしっぽまで食べるか?食べないか?

食事中は温かいお茶がいるか?いらないか?

全部どうでもいいよ!

と、思いますが

結婚するとこんなどうでもいいことで論争が起きるんです。

そして、結婚して家族になったんだから

あなたもマネしてよ、

お前もこうしろよ、

こういうことがどんどん積み重なって

どんどん不仲になり、相手の人格を否定し

嫌いになっていくのです。

いくら家族になったからといって

今までは別々の家庭で育ってきた他人同士

価値観や生活習慣が違うのは当たり前です。

それを押し付けるのはよくないです。

価値観や生活習慣が違っても

決して、相手に押し付けて無理やりさせるのはやめましょう。

では、どうすればいいか。

放っておきましょう!

お互いが放っておくのです。

ズボンの干し方が違ったとしても、乾いてアイロンすれば結果一緒。

お風呂から上がってバスタオルだろうが、フェイスタオルだろうが、本人が満足した拭き心地ならOK

エビフライのしっぽ食べても腹下すわけじゃないんだから、放っておく。

食事中、温かいお茶が欲しいなら飲みたい人が用意しなさいよ。

結果、放っておいてもなんにも問題ないんです。

というか、おもしろいことに

夫婦って自然と価値観や生活習慣が似てくるんです。

いつのまにかズボンの干し方も統一され、

エビフライのしっぽはどっちも食べなくなったり、

価値観や生活習慣を押し付け合わなくても

相手を尊重し合えていれば

どちらか影響されたり、

より利便性のある習慣へと変化したりするものです。

押し付けず、お互い尊重し合う気持ちが夫婦円満のコツだと思っています。

まとめ

くまみ的な夫婦円満の秘訣を紹介させていただきました。

今回紹介した秘訣はコツを掴むまで実は

夫婦喧嘩や押し付け合いなどの論争を何度も繰り広げてきました。

夫婦なんだから喧嘩もします。

でも、やっぱり円満に過ごせるほうが幸福度は上がるじゃないですか?

なんとか幸せな夫婦生活を過ごせるように

認知を変え、夫婦円満のコツを掴むことができました。

これから結婚するカップルや

結婚したけど喧嘩が絶えない、

よかったら今回紹介した秘訣を参考にしてみてくださいね。

この世の中が結婚してよかったと思える

仲良し夫婦が増えるとことを願います。

あわせて読みたい
【徹底調査!】看護師の彼女がプレゼントされて嬉しい12選を厳選しました♪看護師夫婦の片割れ、くまみです。 もうすぐ彼女の誕生日だ! 記念日!クリスマスプレゼント! 付き合っていると何かと彼女...
あわせて読みたい
共働き夫婦の上手く家事分担をするためのコツ!夫への不満が解消!こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです! 最近、外国の生活や旅行を取り上げている番組多いですよね。 それだけ日本人は外国...
あわせて読みたい
くまみとパン田さん
お悩み解決!生ゴミの臭いを徹底的に消臭する今どき便利グッズ!元同僚でたまたま近所のパン田さん。 歳も離れ、超ベテラン看護師だが、 気取らなく、面倒見がいいためスタッフから好かれ...

h

ABOUT ME
くまみ
くまみ
社会人を経て看護専門学校へ入学。急性期病院で5年間勤務し妊活目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に嫌気がさす。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。