看護師

【最新】看護師プリセプターの悩み。新人ゆとり世代の生態を知ると悩みが解決!?

くまみ
くまみ
こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

看護師っていろいろな悩みがありますよね。

人間関係、勉強、残業、恋愛

そして、看護師の誰しもが通る道

新人教育!

新人と気が合わない、

仕事ができない新人で嫌になる

新人が何を考えてるかわからない

新人の根性がないから続かない

新人教育って本当に大変ですよね・・・

くまみ
くまみ
でも待ってください!新人教育がうまくいかないのは、本当に新人だけの問題ですか?

実は近年ではゆとり世代が社会人になり、

今まで通りの教育方法では

新人看護師は育たないというのです!

ではどうすればいいの?

今時ナース、いわゆる『ゆとりナース』の特徴や理由を知ることで

ゆとりナースとの信頼関係を深めるポイントや

教育方法について何か見えてくるかもしれません。

新人の頃は厳しくされたからと同じような指導方法でいいのか?

昔は特に厳しかったようで

自分もそうやって育ったから

生命に関わる仕事なんだから当たり前だ!

けっこう怒鳴ったり、強く叱ったりしていませんか?

時代は変わりゆくように

実は看護師の教育方法も当然のように変わってきているというのです。

中堅クラスの学生時代は

とにかく教師が厳しく、

体罰もあった時代です。

でも、今はどうですか?

体罰なんてもってのほか、

最近ではパワハラなんて言葉があたりまえのように入り混じる時代なんです。

下手するとパワハラで訴えられるなんてことも出てきているのです。

現在の学校では教師はぜんぜん叱らないと言うじゃありませんか?

そうです。

いわゆる、ゆとり世代と言われる若者たちは

叱られ慣れていないのです!!

なーに言ってんの!そんな甘ったれた考えじゃ看護師は務まらん!!

そう思ってしまうと、

残念ながらゆとりナースの生態を理解できず

悩みを繰り返してしまうかもしれません。

今の日本の教育自体が中堅世代のときと違うのですよ?

それでいきなり、昔ながらの教育されて

ついていけますか?

まずは叱られ慣れていないんだから

叱られたことに思いのほか

耐性が少なく、ストレスに弱いということを理解してあげましょう。

もちろん、生命に関わる仕事ですから

時には叱ることもあります。

でも、フォローしてあげてください。

褒めることもしてあげてください。

けっして新人のメンタルが弱いのではなく

日本の教育や過保護の親がそうしたのです。

何を考えてるのかわからない、悩みを打ち明けてくれない。

新人とプリセプターの関係性で悩むのは

新人が何を考えてるのかわからない、

インシデントを起こしたのに

深く反省している様子もないし、

何も言ってこない。

私の時代はなんでも先輩に相談した、

一緒に食事や飲みに行った

誘ってもなんだか乗り気じゃない。

こんな新人看護師いませんか?

実はすっかり携帯電話やスマートホンの普及で

SNSが普及し、

SNSでのコミュニケーションに慣れてしまっているゆとりナース

そのため、実際の対人コミュニケーションとなると

とても苦手なんですよね。

だから飲み会も行かない

インシデントを起こしても

どう謝っていいかわからない、

看護師の昔からの習わし

報・連・相!!

ほうれん草が苦手!

どう報告するの?

どうやって連絡するの?

どこまで相談すればいいの?

先輩にどうやって相談したらいいかわからないんです。

新人がどうやったら勉強してきてくれるのか、仕事の意欲が湧くのかわからない。

中堅看護師の新人の頃といえば、

他の同期と比べられたり、

勉強が進んでいたりすると

焦りや競争心が湧いて

プライベートまで勉強しませんでしたか?

ゆとりナースちゃんたちは

競争心が薄く、勝ち残ってやる!

という熱き意欲はありません。

マイペースなんです。

それにプライベートが大事なんです。

仕事への執着も薄いため、

プライベートを削ってまで勉強するなんて発想がないのかもしれません。

そんなのはもう古い時代になってきているのでしょうか・・・

でも、仕事ができる若い看護師だっているのに

なんで私の新人だけゆとりが強いの・・・

単純に育ってきた環境親の過保護度が関係しているかもしれませんね・・・。

ゆとりナースだっていいところはある!

マイペースでプライベート重視!

でも、けっして仕事が嫌ではありません!

昔はプライベートよりも仕事でしょ!

の考えが多かったですが、

今はもうその考えがゆとりナースたちにはありません。

まぁ、残業したり社畜のように働きまくるのは日本人の特徴ですよね。

でも、近年はグローバル化してきているのでしょうか。

つまり、今の時代は仕事よりもプライベート重視派が多いということを理解しましょう。

仕事をプライベートに持ち込まないということは

割り切った考え方ですよね。

自分の好きなことにたくさん時間を使いたい!ということです。

実はくまみの新人も

仕事ができない

何を考えてるかわからない

意欲が感じられない

先輩たちにすっかり目をつけられてしまいました。

でも、よくよく話を聞いてみたら

もともと小児科の看護師になりたくて

ずっと頑張ってきたのに

配属されたのが全く違う科だったので

やる気がでなかったみたいです。

確かに、小児の知識になると

くまみなんかより知っていることもありました。

ゆとりナースたちは

自分の興味のあることはとことん学ぶ姿勢があるということです。

まとめ

ゆとりナースの特徴を知ると

今時新人ナースへの見方や

接し方、教育方針について

考えなおす必要があると感じませんでしたか?

とにかく

今と昔では違うということですよね。

実はくまみも厳しく教育された環境だったので

新人看護師たちにはわりと厳しめだったかもしれません。

そして、何よりも周囲の看護師はもっと新人に厳しかったですね。

耐えれず辞めていく子なんかもいました。

今と昔とでは時代が違う

看護師の教育方法も変わりゆくということを

教育に関わる看護師のみなさんは

ご理解ください。

ゆとりナースへの対策方法とは?

この本は

ゆとり世代と言われる

今時の若者の特徴から

今時ナースとの向き合い方や指導で大切なこと

とってもわかりやすく教えてくれる本です!

褒めることも大事だけど。

看護師の職業柄

患者さんの生命に関わるため

褒めるだけじゃなくて

叱ることも必要ですよね。

じゃあどうしたらいいのか?

どうやって今時新人ナースを叱ったらいいのか?

この本のホメシカ理論がすっきり教えてくれます!

これを読めば

イライラしていたプリセプターも

少しは気持ちが楽になること間違いなし!

上手な褒め方、叱り方を学び

スマートに指導しませんか?

自分のスキルアップと心に余裕が持てるので

新人教育にばかり悩んでいるプリセプターの方の

必見の1冊となっています。

タイプ別・シーン別のケーススタディもあり

漫画も盛り込まれていておもしろいし

とにかくわかりやすい!

教育本などはけっこう古い本多くないですか?

でも、今回おすすめしている本は

2018年1月発行なので

最新の看護師新人教育を学べるんです!

これからプリセプターになる方にもおすすめですが、

むしろ今までの教育方針のまま指導している

プリセプターの方たち

管理職の方たちにも

ぜひとも手にして頂きたい1冊になっています。

くまみ
くまみ
とても読んでいておもしろいし、新人教育で悩んでいる人や新しい教育体制を取り入れたいキャリアアップを求めている方にもおすすめです!

この本を読んで、プリセプターの悩みをすっきりさせましょう!

あわせて読みたい
【プリセプターの役割】意外とやりがちな指導方法。あなたもしていませんか? プリセプターの経験って 看護師ならだれもが通る道ではないでしょうか? プリセプターシップとは、新人看護師一人ひと...
あわせて読みたい
新人看護師が退職した原因はプリセプターの責任?事例から考える間違った教育方法 プリセプターを任せられると 責任感が強くなり、 また、自分の指導次第で新人看護師がどう成長していくか、 プレッ...
ABOUT ME
くまみ
くまみ
社会人を経て看護専門学校へ入学。急性期病院で5年間勤務し妊活目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に嫌気がさす。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。