看護師

あなたもしていませんか?独身看護師が後輩や同僚から嫌われる行動

くまみ
くまみ
こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

看護師は女社会の職場で

女性の割合が圧倒的なだけに

独身女性も多いものです。

しかし、近年では働く女性が支援され

かっこいい!尊敬する!

世の女性が憧れる独身女性もいます。

看護師の世界でも

急変対応から教育、研究まで

なんでも仕事ができてかっこいい!

憧れの認定看護師になれてうらやましい!

看護師会のいわゆるキャリアもいるわけです。

結婚はしたくない

看護師の仕事にやりがいがある

独身看護師を貫くかっこいい看護師。

でも、実は気を付けなければ

知らず知らずのうちに

とある行動が

いつのまにか後輩の尊敬の眼差しは遠ざかり、

同僚からはうっとうしがられ

むしろ、嫌われ独身女子に転身してしまう可能性があります。

実際にどういった行動が嫌われるのか

紹介していきます。

家に帰っても一人だから仕事はゆっくり定時に帰らなくてもいい

看護師の仕事は多忙で

残業も多いです。

でも、定時でなんとか終わりたい

なるべく早く帰りたい

全力で働きテキパキ仕事を終わらせようとする人もいます。

しかし、残念な独身上司がいました。

仕事はきっちりするのはいいですが

ひとつひとつに時間がかかり、

休憩に入るのも遅い、

夕方になってもナースステーションにいない。

ケアをずっとしている人いませんか?

後輩たちは自分たちだけケアが終わっていたら

上司に気を使い

手伝いますよね。

後輩たちはデートや合コンでなるべく早く帰りたい

そして、新婚さんは一秒でも早く夫の待つ家に帰りたい。

子供のいる看護師も早く家に帰って家事をしたい、

実はそう思っているのです。

でも、上司がのんびり仕事をする

残業は当たり前なんて思いながら働く人がいるんですね。

後輩や同僚たちの手伝いが増えて、

残業が発生すると少しずつ不満が増えるのです。

あげくに果てには

自宅に帰っても結局誰もいない

ひとりなもんだから

なるべく病院に滞在しようとするんですね。

看護記録も終わってさっさと帰ればいいのに

独身看護師だけで集いダラダラ仕事の話をしたり

自宅でもできる資料作りを病院でしているのです。

気を使う後輩にとってみたら

上司が先に帰ってくれるほうが気楽なものです。

そうやって、独身看護師は憐みの目で見られ

いつしか嫌がられてしまうのです。

恋愛経験が少ない?男性スタッフに優しくしてしまう40代独身看護師。

看護師は恋愛経験が少ない人もいたり

女社会ですので男性と関わることも少なく

数少ない医者や男性看護師に対してどう接したらいいのか、

わからない人がいます。

普段は後輩指導が厳しく、怒鳴ったりする人でも

特に若い男性看護師やイケメンの医者を

ついつい甘やかしたり

ミスしても怒らなかったり

ひどい人は女の顔になっていて

普段聞かないような声で喋っていたりします。

私がドン引きした独身看護師のある行動があります。

3人夜勤体制で

男性看護師2人と独身女性看護師1人の夜勤がありました。

夜勤入りでメンバーが顔を合わせた時に

ニヤニヤしながら

やだ~、今日は私女一人だけ~?襲われたらどうしよう~♡

なんて言うんです。

40代の独身女性です・・・。

男性陣も苦笑いでした。

いつしか男好きの残念な上司として後輩からは冷めた目で見られていました。

年齢を重ねてもいつまでも自分は「女子」だと

思っているような独身看護師は

自然と態度に現れ

サバサバした看護師たちに嫌われていくのです。

自分の看護観を押し付けないで!自分は誰よりも働き者だとアピールする女。

看護師の仕事は人と深く関わることができ、

生命に関わる侵襲の高い医療行為をすることもあったり

責任感や緊張感が強いです。

でも、その分達成感や

やりがいを強く感じることもあります。

独身看護師たちは自分の仕事に誇りを持ち

プライベートよりも仕事を優先することがあります。

毎日残業になってもかまわない

休日に研修の資料作りや研修会の参加も

自己投資だと思えるのです。

しかし、家庭をもつ看護師など

プライベートを重視する看護師も多いです。

休憩時間をきっちりとって、

体を休めることを優先するスタッフもいます。

休憩時間にスタッフのコミュニケーションを楽しむ人もいます。

患者さんに不快なことを言われたり、

不当な扱いをされたり

愚痴をこぼすスタッフもいます。

でも、看護師の仕事に誇りを持ち

生涯を看護師として全うすると決めた独身看護師は

とんでもないことを言いました。

愚痴をこぼしたりする暇があれば、その分仕事した方がよっぽど有意義。私は休憩時間を削ってでも働いている。

業務中にダラダラ愚痴をこぼしているわけでもありません。

休憩時間をきっちりとることはむしろ義務だと思います。

休憩中に何をしようが関係ありません。

これはただの価値観、看護観の押し付けです。

休憩を削って仕事をしなくても

きちんと業務をこなすことができます。

給料をもらっている分働いています。

自分は誰よりも働いているアピールは

後輩だけでなく、同僚たちにも嫌われてしまいます。

まとめ

実際に独身看護師の嫌われてしまう行動を紹介しました。

自分では気づかないうちに

意外とやってしまっているかもしれません。

仕事重視に生きるか

プライベート重視に生きるか

人それぞれです。

看護師だからと言って、

全員が仕事重視に生きるべきだなんて

甚だしいです。

後輩から好かれる独身看護師は

仕事も楽しいけど、プライベートも楽しい!

趣味が豊富だったり、

人生を謳歌し、自分は自分だと割り切り

他人にあれこれ口出ししない人が尊敬されます。

できれば、嫌われ独身看護師より

愛され独身看護師になりたいものです。

あわせて読みたい
遂にシワが改善する時代が来た!美意識高い看護師が認めたPOLAがすごい! 看護師は夜勤によって 不規則な生活を送りがちで 肌のトラブルがでやすいですよね・・・ スキンケアに興味を持つ美...
ABOUT ME
くまみ
くまみ
社会人を経て看護専門学校へ入学。急性期病院で5年間勤務し妊活目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に嫌気がさす。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。