看護師

共働き夫婦が注意したいこと!子供に与える影響とは?

くまみとパン田さん
くまみ
くまみ
こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

先日、主婦友のパン田さんとお茶をした時に

パン田さんのご近所事情について話を聞きました。

パン田
パン田
くまみちゃん!ちょっと聞いてよ!近所に住む小学生の子供がほんと生意気なのよ!!
くまみ
くまみ
ご近所トラブルですか??
パン田
パン田
まだトラブルになってないんだけど、そのうち発展する家も出てくるんじゃないかしら・・・

さてさて、パン田さんのご近所さんでいったい何があったのか。

実は他人事ではない

共働き夫婦が子供に与える影響について

関係していると思います。

共働き夫婦の方は特に読んでほしいと思います。

自分の子供が近所で評判が悪かったら、どうしますか?

パン田さんはマンションから一戸建てに引っ越しているのですが、

その近所の子供が生意気だと言います。

まだ小学一年生らしいのですが

両親が共働きで夜が遅く、

すでに鍵を一人で持たせていると言います。

くまみ
くまみ
ひゃー!今時の子供って感じですね!

住宅街で一人でサッカーをしてシュートをお見舞いし、

他人の庭にボールが入ってもおかまいなしにズカズカ入ってくる、

自分より年下の近所の子供を

仲間外れにしたり、

おもちゃを取り上げたり、

意地悪を言ったりしているそうです。

物損があったわけでもないし、

意地悪といっても暴力をしてくるわけでもない。

ましてや自分の子供じゃないし・・・

ご近所トラブルをみんな避けるため

黙って見過ごしているというのです。

ですが、近所ではすっかり『生意気な悪ガキ』という悪評が流れていると言います。

パン田
パン田
いくら共働き夫婦だって言ってもまだ小学1年生よ!放っておきすぎよ!!

しかし、家に帰ってきても独りぼっちで

寂しそうに外で待っている姿を見かけることもあり

強く言えない部分もあるそうです。

パン田
パン田
きっと親が帰ってくるのが遅くてさみしいんだろうけど、年齢を重ねて、どんどんさみしさが増えてくると、そのうちいたずらの度が激しくなったりするんじゃないかと思って心配なのよね。

共働き夫婦の中には

がっつり働いていて、

子供が近所でどういう風に遊んでいるのか

放課後どうやって過ごしているか

実は知らない人もいると思います。

他人事じゃない!共働き夫婦の子育てへの影響

こんな話をした直後、

先日、とあるニュースの記事が目に入りました。

学童保育に通う子供のある心情です。

学校が終わって、

パートや専業主婦の母たちをもつ友人たちは

まっすぐ家に帰ってるのに

自分だけ学童保育に向かう。

そして、通ううちに学童保育がどんどん飽きてきて

なんで自分は家に帰れないの?

なんで家に帰っても他の家と違ってお母さんがいないの?

もっと自由に好きなことして遊びたい!

「なぜ自分だけが」という不満が大きくなったり、

また、学童保育に通う上の子たちに意地悪された、

嫌いな子がいるから楽しくない、

『学童保育嫌い』の児童が増えているという内容でした。

そこから不登校に発展したり、

学校での友人トラブルに発展するケースもあると言うのです。

パン田さんのご近所事情と

ニュース記事を読んで、

とある切ない家族の話を思い出してしまいました。

共働きで仕事中心になった結果、子供がとんでもないことを・・・

私が小学生の頃、同級生のある男の子の話です。

両親はどちらも立派な職業で

残業で帰りが遅くなる家庭でした。

男の子は成績優秀でとても優しい子、

将来が期待されるような存在でした。

当時は学童保育なんてものがなく、

男の子は毎日学校が終わると、

親戚の家で両親の仕事が終わるのを待っていました。

他の友人たちは家に帰っても

母親がおかえりと迎えてくれて、

手作りのおやつが出てきたり、

そんな友人たちをうらやましく思っていたそうです。

中学校に入学してすぐのことでした。

成績優秀だった男の子は勉強することを止めてしまい、

不良グループと付き合い始めたのです。

弱い者いじめをしたり、

カツアゲをしたり、

親が帰ってくるのが遅いから女の子を家に連れ込んだり、

とうとう暴力事件まで起こしてしまい

警察のお世話になってしまいました。

あんなにいい子で成績優秀だったのに

高校受験すらせず

実家を出て行ったそうです。

なんでこんなことになってしまったんだろうと思いました。

放課後、友人たちが親と過ごしているのに

なぜ自分だけ?

とさみしい気持ちが膨らんでいったのでしょう。

共働きが当たり前じゃない時代だったからかもしれません。

また、スマホが普及していない時代ですから

子供が携帯電話を持っていることもないため

簡単に両親と連絡を取れない、

下の子たちもいるからなかなか自分にかまってもらえない、

そんなさみしさが親への反抗心につながったのでしょうか。

また、帰宅が遅くなるため

親が子供の行動を十分に監視できなかったことも大きいと思います。

まとめ

共働き夫婦は経済的理由や社会的地位が欲しいなど

女の人でもがっつり仕事をする時代になってきています。

でも、子供たちは「もっとかまって欲しい。」「さみしい。」

と感じているかもしれません。

その気持ちやサインを逃してしまうと

取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

忙しい両親も、帰宅後や休日にはゆっくり話を聞いてあげてください。

今はスマホも普及されていますから

すぐに連絡がとれる関係性を作ってあげてください。

それでも、子供と一緒に過ごす時間がとれない

兄弟がいるから子供一人に手をかけれない、

そういえば、子供が放課後どうやって過ごしてるか知らない

という方は、子供のために一度仕事を見直してください。

パン田さんのご近所のように

生意気だ!親は子供を放ってる!

なんて思われているかもしれませんよ。

看護師ってけっこう共働き夫婦が多いです。

子供が小さい時は外来に異動になるパターンが多いですが

子供が小学生になったら仕事が重くなり、

病棟に異動になったり、

夜勤が始まったり、

急性期なんかでがっつり働いて

残業もしている人もいます。

看護師はライフスタイルに合わせて

転職しやすい職業だと言われています。

どうしても残業が多い、

忙しくて子供と関わる時間が少ない、

夜勤がない勤務や

残業も少ない病院もありますので

今の働く環境、子育ての環境について

一度考えてみてください。

あわせて読みたい
転職応援!各病院の特色やメリットとデメリットをわかりやすく紹介!こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです。 前回、転職は逃げでも恥でもない!と熱く語らせて頂きましたが (参照記事) ...
ABOUT ME
くまみ
くまみ
社会人を経て看護専門学校へ入学。急性期病院で5年間勤務し妊活目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に嫌気がさす。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。