医療ニュース

救急車を呼ぶべきか?電話相談が全国に普及!きちんと知って日本の救急医療を守ろう!

くまみ
くまみ
こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

先日、気になるニュースをみつけました。

緊急を要さないのに安易に救急車を利用する問題は

以前から話題になっていますよね。

しかし現在でも、救命センターの現場医師が悲鳴をあげていて

多くの救急患者を少人数で診察する

過酷な現場を紹介したニュースが目に留まりました。

救急車を呼ぶ基準と言えば

緊急性の高い症状やケガの場合ですよね?

救急車を安易に呼ぶ人が増えたことで

救急車を呼ぶべきなのか相談する

電話相談ダイヤルが設けられ

子ども専用の子ども医療相談「#8000」

大人用の救急相談「#7119」は

だんだん全国で普及されてきています。

では、電話相談がどれほど効果があったのか

気になったので調べてみました。

また、実際に救急外来で働いたことのある

看護師の友人から聞いた

安易な救急車の要請エピソード事例を

紹介したいと思います。

救急車を呼ぶべきなのか?電話相談が普及された目的

総務省消防省は電話相談の全国展開についてこう記しています。


#7119(救急安心センター事業)の全国展開

概要
住民が急な病気やけがをしたときに、救急車を呼んだほうがいいのか、今すぐ病院に行ったほうがいいのかなど迷った際の相談窓口として、専門家から電話でアドバイスを受けることができる。

相談を通じて、病気やけがの症状を把握した上で、以下をアドバイス。
○救急相談
例)緊急性の有無、応急手当の方法、受診手段
○適切な医療機関を案内

目的
地域の限られた救急車を有効に活用し、緊急性の高い症状の傷病者にできるだけ早く救急車が到着できるようにすることに加え、住民が適切なタイミングで医療機関を受診できるよう支援するためのもの。

引用元:7119(救急安心センター事業)の全国展開 – 総務省消防庁

病院なんだからいつでも診てもらえる

なんて考えてる人、実はいるんじゃないでしょうか。

実際、夜勤で働いていても

緊急入院が重なったり、重症患者が多いと

受け入れができず他の病院に搬送依頼をすることがあります。

しかし、そんな病院の事情を知ってか知らずか、

何の連絡もせず

夜間いきなり病院に来たりする患者さんもいるんです。

ちょっと強引ですよね・・・

実際、その患者さんは緊急性は低く、

朝まで待って外来で診察してもいいレベルでしたが

直接来られるとさすがに追い返すことができず

夜間でも診察することになります。

この日は急変もなかったためよかったですが

この軽症患者さんを診察している間に

急変が起きると、医師もすぐにかけつけることができなかったり、

急患が増えたことでマンパワーが不足してしまい

いわゆる医療の質が落ちるんです。

私たち医療従事者だって人間です。

知能、技術、動かせる手、足は限られています。

あっちこっちで対応しないといけない状況だと

焦りも生じます。

そして、疲労感も蓄積されます。

疲労感が強いと頭がぼーっとしたり

ミスが生じやすくなります。

スタッフの配置だって人数は限られ

マンパワー不足の業界です。

そんな医療業界の事情を知らない人たちは

わが身が一番なので

安易に救急車を読んだり、

強引に来院したりする人がいるんですね。

そんな医療業界を守ろう、

医療の質が下がらないようにしよう、

何よりも本当に救命を必要としている患者さん

いち早く助けることができる環境にしよう、

電話相談窓口が設立されたんですね。

救われる命も救われない

そんな世の中、悲しいですよね。

#7119救急安心センターが普及した結果

さて、実際に効果があるのか・・・

○軽症者の割合の減少
H18 60.3% → H29(速報値)54.1%(東京消防庁)
※軽症者の減少割合に相当する人数は、救急医療相談件数(119番転送件数を除く)の約半数
○不急の救急出動の抑制
・窓口の設置後、救急出動件数の増加率が抑制
東京:H18年からH28年(速報値)の増加率12.52%(全国平均より6.04ポイント減)
大阪:H22年からH28年(速報値)の増加率13.25%(全国平均より0.48ポイント減)

引用元:7119(救急安心センター事業)の全国展開 – 総務省消防庁

電話窓口が普及されてから

軽症者の割合は減り、

救急出動件数の増加率が抑制されているんですね。

軽症患者さんの搬送が減ると、

病院の医療の質の向上にもつながると思います。

また、軽症患者さんを搬送中に

心肺停止ですぐに救命処置が必要だとしても

救急車が発動できない

救われる命も救われない

なんてことが起きたら

とんでもないですよね。

電話相談は、

救急車がいち早く救命処置を求めている患者さんのもとに

かけつけることができる環境にもつながるんですね。

逆に、救急車を呼ぶほどじゃないか、

なんだか気兼ねする、と自己判断して放置し

重症化する患者さんもいます。

しかし、電話相談なら救急車を呼ぶより

気軽に相談しやすく、

症状を相談したら救急車を呼ぶよう判断され

病院に行ったら心筋梗塞だった、脳梗塞だった、

と、電話相談の普及によって命を救われたケースもあるのです。

まだ電話相談が普及されていない自治体もあるそうです。

共通ダイヤルを都道府県レベルで開設しているのは

宮城、東京、埼玉、新潟、奈良、大阪、福岡の7都府県で

政令市や広域圏の導入は横浜市や札幌市と周辺の4市・地域だそうです。

また、電話相談を知らない、

番号を知らない人もまだ多いのではないでしょうか。

アプリで救急車を呼ぶべきか判断できる

全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)

という便利なアプリも

総務省消防庁から配信されているようですね。

ウェブでも判定できるみたいですよ!

全国版救急受診ガイド

これなら全国版だから電話相談が普及していない地域でも

安心ですね!

事例を紹介。救急車でやって来た驚きの患者さんの実態とは?

ここからは救命センターで働く看護師から聞いた

素人でも感じる「なぜ救急車で来たの・・・?」を紹介します。

事例1.救急車から降りてきたおじいちゃんの姿にびっくり!?

夜勤をしていた友人。

心肺蘇生や緊急オペになる重症患者さんもやってくる病院。

病院自体が少ない地域で唯一の救急外来。

あらゆる町の救急車が友人の働く病院に運ばれてくるのです。

80代男性で腹痛を訴える患者さんが運ばれてくることになり、

友人はイレウスか!?などと思っていたそうです。

救急車が到着し、友人は唖然・・・

救急車の扉が開くと

照れながらスタスタと歩いて降りてくるおじいちゃん。

救急隊員何で連れてきた・・・と思わず言いそうになったそうです。

救急隊員
救急隊員
お腹が痛いから早く病院に運んでくれ、と言うものですから・・・。

おじいちゃんの症状をよくよく確認すると、

おじいちゃん
おじいちゃん
いや~、飲んだ牛乳の賞味期限が切れてるのに気づいての~。腹が痛い気がしての~。

しかも、下痢も嘔吐もしていないと言います。

整腸剤を処方され帰っていったおじいちゃんでした・・・。

事例2.救急車を病院に早く着くタクシーだと思っているおばあちゃん。

ここ最近、何度も救急車でやってくる常連のおばあちゃんがいるとのこと。

救急車を呼ぶ理由はなんと、

不眠で寝不足になり、

何だか気持ち悪いからと救急車を呼ぶのです。

救急隊も患者から「気持ち悪い、吐き気がする」

と言われると病院に運ぶしかないですよね。

何度注意して、救急車を呼ぶ前に病院に連絡してと伝えても

おばあちゃん
おばあちゃん
今回こそ重病だったらと思うと不安で・・・。救急車で来ると早く診察してもらえるでしょ?

老年期は様々な衰えに対しての恐怖などが生じやすく、

少しの体調不良でも命に関わるかもと不安になるようです。

実際に、高齢者の方が重症患者が多いのは事実ですが

今回紹介したような軽症ケースも

ちらほら見られるようです。

そんな高齢者こそ電話相談を利用して欲しいですが、

サービス自体を知らなかったりするんですね。

そして、地域によっては#7119が配置されていないようです・・・。

全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)も

高齢者であればなかなかスマホ自体を

使いこなせかったりしますからね。

核家族化で一人暮らしの高齢者や

高齢者夫婦だけの家も多いです。

子供がきちんと

親の緊急時の対応方法を考えなければいけないですね。

まとめ

看護師だからこそ病院の事情

重症患者の救命処置の大切さがわかるため、

救急車を安易に呼ぶ人が

少しでも減ればいいのにと思います。

でも、不安になる患者さんの気持ちもわかります。

そんな時こと救急車を呼ぶべきか電話相談できる体制が

素晴らしいなと思いました。

みなさんの地域でも

子ども専用の子ども医療相談「#8000」

大人用の救急相談「#7119」

利用できる地域なのか事前に確認しておきましょう!

全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)があることも

ぜひ周知しておきたいですね。

ABOUT ME
くまみ
くまみ
社会人を経て看護専門学校へ入学。急性期病院で5年間勤務し妊活目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に嫌気がさす。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。