看護師

【厳選まとめ①】看護師おすすめ参考書・本!私はこれで乗り切った!

くまみ
くまみ
こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

看護師の仕事は患者さんの命に関わるため

半端な知識や技術では仕事が成り立たないですよね。

そして、医療の世界は日々進歩を続け

昔と今では看護の根拠が変わることもあります。

また、新人時代だけでなく

経験年数を重ねるたびに

知らない、できないじゃ済まされなくなってきます。

そして病院からは医療の質の向上を求められ

看護技術と知識の維持・向上は

とても大切なことで、

看護師は日々勉強と言われています。

私は学生の頃から医療関係の参考書や本を読むのが好きでした。

近年はネット社会で手軽に情報を手に入れることができますが

ネット上の情報が溢れすぎて、

信憑性が低く、

患者さんの命に関わる職業としては

きちんと根拠と信憑性の高い情報をもとに

看護を提供することが求められていると思っています。

そこで、今回は

私が妊活のために退職するまでの

5年間を乗り切るために助けてもらった、

医療関係の参考書、本を

まとめてみました!

これから看護師になる人も

看護師としてキャリアアップしていきたいと思っている人も

ぜひ参考にしてみてください。

やっぱり看護師の基本は看護技術!今更聞けない手順や根拠をしっかり学ぶ!

看護技術は看護師の基本!

簡単なものから、難しい技術。

日頃の日常生活の技術もあれば

たまの緊急時など侵襲の高い技術までありますよね。

新人の頃はわからなくて当たり前、

でも、できる限りの事前学習は求められます。

さらに、中堅クラスになってくると

知らない、できませんが通用しなくなってくる。

今更他人に聞けない、なんて状況もあります。

そして、看護技術は根拠に基づいて実施することは

より安全で安楽な看護の実践につながります。

新人の時にしっかり根拠を覚えて実践し

身に着けることがとても大事だと思います。

一方で、経験年数を重ねるとケアが雑になっていったり、

自分なりの変な癖がついている人も見かけます。

私たちは医療事故へとつながる可能性がある環境にいます。

最悪な事態を避けるために

根拠に基づいた看護が必要なんですね。

学生時代から数多くの看護技術の本を見てきましたが

様々な本と出会った中でこの看護技術ベーシックスは

本当に手放せない1冊になりました。

とにかく、根拠が細かくわかりやすい!

学生時代から臨床でも

指導者や先輩たちから根拠を説明して

と、言われることが多く

けっこうどの本も手順やコツは書いていても

根拠まで細かく書いていなくて困ることもありました。

でも、この本はひとつひとつの手順に対して

注意点や根拠を書いてくれているため

何度も助けてもらった本です。

ちょろっと中身をお見せします!

※ちなみにどれだけ見やすいのか

写真を掲載していますが

著作権に違反しないようぼかしを入れています!

看護技術の本、マニュアル、参考書おすすめ 看護技術 おすすめ 本 参考書

私が持っている本は古いんですが

最新版は全面的に見なおされ、新しい看護技術を加え

さらにこれまで以上に見やすくわかりやすくするため

フルカラーになっています。

厚生労働省の

「看護基礎教育における技術教育のあり方に関する検討会」に沿って

90項目をカバーしているからこそ

信憑性も高く、信頼して読めるんです。

くまみ
くまみ
ちょっと値段はしますが、学生の頃から現役看護師までこの1冊ですべての看護技術を根拠に基づいて学ぶことができます。とにかく根拠がしっかりしています!この本があったからこそ学生時代と看護師5年間を無事に乗り越えれたと言っても過言じゃありません!

人工呼吸器を学ぶならおすすめ!初心者でも達人になれる本!

急性期で働く看護師であれば

誰もが通る道

人工呼吸器の取り扱い・看護!

人工呼吸器といえば

急変時、呼吸状態の悪化時、術中や術後など

かなり緊迫した状態の時に使うイメージがあり、

見た目もなんだか難しそうでハイテクな機械で

はじめから苦手意識が強い人は多いのではないでしょうか?

私の病棟では

よっぽどの重症患者や急変時に使う程度で

年間通してそこまで利用することがありませんでした。

そのため、たまの人工呼吸器の患者がいると

もうドキドキで

アラームが鳴るだけでドキッとしたものです。

さらに、経験年数が増えれば増えるほど

受け持つ機会が増え

苦手のままではいられなくなってきます。

はじめの頃は先輩にフォローされながら

人工呼吸器を扱い、ケアしていました。

でも、なんとか最終的には一人で受け持つまで上達しました。

まず、どうやって人工呼吸器の勉強を行ったのか。

初心者でもすごくわかりやすい本に

出会ったんですね。

表紙にある通り

“初めての人が達人になれる”

間違いありませんでした。

自分が達人だなんて、言いすぎかもしれませんが

この本がなければ

自信を持って人工呼吸器ケアをできなかったと思います。

まず、基本の人工呼吸器の組み立て方

看護師おすすめ人工呼吸器の本、参考書 看護師おすすめ人工呼吸器の参考書

ひとつひとつ写真と丁寧な説明で

すごくわかりやすいんですね。

そして、人工呼吸器の苦手なところは

グラフィック画面ではないでしょうか?

この本はモード別で

グラフィック画面の解説をしてくれているので

初心者でも理解できて頭にすーっと入ってきます。

看護師おすすめ人工呼吸器を学ぶなら 本、参考書

さらに臨床でも応用して使えるよう

アラームの原因と対応方法も丁寧に書かれていて、

人工呼吸管理中のケア・観察ポイントまで勉強できちゃいます。

そして、毎度この本にお世話になっていたのが

動脈血液ガスの評価!

呼吸状態の評価やウィーニングするまで

人工呼吸器の患者にとって

血ガスは必須!

結果だけ見ても???でしたし、

実際、診断して指示を出すのは医者ですが、

この本を見ながら血ガスの勉強もできました。

他にも、同期から人工呼吸器の本を借りたり

退職した先輩から本をもらったりしましたが

どの本よりも

見やすくて、わかりやすくて

結局、人工呼吸器の患者を受け持つときは

この1冊だけで役にたちました!

本当に急性期では手放せない本になっています。

ICUナースのノート!一般病棟でも参考になる本でおすすめ!

ICUは重症度の高い患者が多く

呼吸・循環・代謝管理を中心に

全身管理を集中的に行います。

そのため、かなり専門的な知識と技術が求められますよね。

表紙にある通り、ICU3年目ナースが

覚えておくべき内容がまとめられていますが、

私のような一般病棟で働いていても

3年目、4年目の時に活用した本です。

一般病棟でも、急変したり

重症化したりして

高度な看護をする機会もありました。

もう、ICUで看てもらった方がいいんじゃ・・・

と、思うような重症患者も一般病棟で看ることもありました。

1年目、2年目ではなかなか受け持たせてもらえませんでしたが

3年目、4年目になると

こういった重症患者を受けもつことが多くなりました。

ちょうど3年目の時です。

術後の状態が悪化し、

3週間ほど人工呼吸器管理と

循環動態も悪化したため

中心静脈カテーテルからカテコラミン投与

さらにドレーン、Aライン、CVP測定など

たくさんのカテーテル類の管理が必要な状態の患者がいました。

高度な知識と技術が必要だったので

本屋さんで何か参考になる本はないかと物色していた時に

出会った本です。

体液量の評価やカテーテル類の管理について

すごくわかりやすくて、何度も読みました。

そして、カテコラミンのシリンジ交換方法が

スタッフによって方法が違い

何が一番いい方法なのか悩んでいました。

しかも、追い打ちをかけるように

怖い先輩から

「昇圧剤のシリンジ交換もたもたしていると、心臓止まるよ」

なんて脅されたこともありました。

シリンジポンプは交換した時に

押し子の隙間をなくしたり、

プライミングのため早送り作業をすると思います。

しかし、機械の動作が安定するまでに時間がかかると言われています。

スタッフによっては

カテコラミンのシリンジ交換やライン交換時

差し替え法減量法を用いていましたが

どっちの方法が良いのか

それぞれのメリットやデメリットは何なのか

気になって仕方ありませんでした。

この本には薬剤投与時の周辺知識と技術を紹介していて

私が悩んでいた

昇圧剤のライン交換の方法まで

とても細かく丁寧にイラスト付きで説明してくれてるんですね。

この本を先輩たちに見せて

どの方法で統一するか検討まで行いました。

他の一般的な参考書では

専門的な技術ですので、

ここまで丁寧に記されていません。

とにかく重症患者を受け持つ中堅クラスには

必須の参考書となっています。

他にも重症患者を受け持つ時に

必要となるのは

医療機器やモニター類の管理やアセスメントですよね。

自信を持ってモニターの情報をアセスメントし、

看護実践に役立てるために

こちらの本もおすすめです♪

フルカラーでとても見やすく

症例でみるモニタリングは

すごくイメージしやすいだけでなく

アセスメント内容がとても参考になります。

まとめ

今回紹介した本は

看護師の基礎となる

ぜひ1冊は持っていたい看護技術本

新人を乗り越え2年目、3年目になり

さらに専門的な知識や技術を求められるようになる

中堅クラスなっても

スキルアップにつながる

かなりおすすめの本になっています。

どの本も本当に買ってよかったと思っていますし、

買って損したなんて感じたことのない

どれも専門的で尚且つ親切でわかりやすい

参考書になっています♪

看護師にとって本を買うことは

スキルアップにつながる行為であり、

何よりも自己投資だと私は思っています。

どの本を買っていいか悩んでいる方

スキルアップをどうやってしていこうか悩んでいる方

ぜひ、一度手にして読んでみてください♪

あわせて読みたい
【新人看護師必見】辛い1年間と厳しい先輩たちを乗り越えていく方法を伝授!こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです🌱 1年目の時は定期的に『辞めたくなる病』がやってきました。 イン...
あわせて読みたい
【厳選まとめ②】看護師おすすめ参考書!これがあれば乗り切れる~ねじ子編~ 前回もご紹介しましたが、 看護師は日々勉強と言われています。 https://kasouya-blog.com/20...
ABOUT ME
くまみ
くまみ
社会人を経て看護専門学校へ入学。急性期病院で5年間勤務し妊活目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に嫌気がさす。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。