看護師

看護師一年目を楽しく過ごすための方法とコツを伝授します!

くまみ
くまみ
こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです!

看護師として5年間過ごしてきて

一番の思い出と言いますか、

印象に残っているのは新人時代のことですね。

今でも鮮明に覚えています。

それぐらい密な時間を過ごしてきたわけです。

本当にしんどくて、大変で、つらいこともたくさんありましたが、

憧れの看護師になって、

患者さんと関わり、自分のスキルアップができていることに

喜びを感じることもできました。

しかし、中には残念ながら挫折してしまい

看護師1年目で退職してしまう同期もいました。

正直、もったいない!!って思っていました。

でも、退職していった本人には

私たちにはわからない悩みや苦痛を抱えていたのかもしれません。

今回は、せっかく看護師になったんだから

何とか無事に1年目を乗り越えたい!

楽しく新人時代を過ごしたい!

そんな新人看護師を応援したくて

上手に乗り越えていく方法やコツをまとめてみました!

よかったら参考にしてみてくださいね♪

勉強や課題は大変だけど、学習することは看護師にとってメリットだらけ!

まず、新人看護師で苦痛に感じることは

学習量の多さや先輩たちから出される課題ではないでしょうか?

看護学校で学んできた知識と技術はまだほんの一握りです。

臨床に出たからには、

プロとして責任をもって仕事をしていかなければなりません。

看護師の仕事は患者さんの生命に関わることばかり。

間違った知識や知らなかったで行動してしまえば

患者さんに不利益が生じてしまいます。

先輩からは病態や根拠など質問の嵐。

答えられなければ

自宅で調べてくるよう課題を出されます。

そして、患者さんを受け持つ前に

病態や観察ポイントなどを把握していないといけないため

病態や看護の事前学習も必要になります。

私も一年目の頃はプライベートの時間は

勉強に追われていました。

でも、病態や看護の勉強をするのは

学生時代と違って、何だか楽しかったです。

これを苦痛に思う新人もいて、

勉強が嫌になり、さぼってしまい

同期との差がついて、先輩からの評判も最悪でした。

さて、なぜ私は新人時代に勉強することが楽しかったのか。

まず、知ってほしいことは

看護師が勉強することは

患者さんの命を守ることにつながるのです。

病態や症状、観察するポイントなどを知っていないと

患者さんの病状の悪化を見過ごすかもしれません。

自宅で勉強してきたことで

患者さんの病状の変化に気づいたり

早期発見につながることがあると

勉強しててよかったな、と思います。

また、患者さんに納得、安心してもらうために

根拠に基づいて説明することが

一番の説得力につながります。

そして、何よりも事前学習することで

自信を持って看護を提供できるのです。

わからないまま行動してしまうと

失敗したり、あやふやになってしまったり、

これで合ってのるかな?と不安に感じたり、

そんな看護師、患者さんも不安になりますよね。

それに、新人の頃は

常に先輩に見られています。

はじめてのケアの時も先輩にじーっと見られて

緊張してしまいますが、

事前学習によって自信をつけていれば

堂々とケアができたものです。

すると、先輩も

きちんと学習してきてるな、と評価してくれるのです。

看護師が学習することはメリットだらけなんですね。

そう思えば、勉強嫌いな看護師でも

少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

あわせて読みたい
【厳選まとめ①】看護師おすすめ参考書・本!私はこれで乗り切った! 看護師の仕事は患者さんの命に関わるため 半端な知識や技術では仕事が成り立たないですよね。 そして、医療の世界は日々進...

看護師の世界は女性社会。ポジティブシンキングの精神を身に着けよう!

私はもともとネガティブな性格でした。

看護師になってからは

先輩から注意されたり、指導されたり、失敗したり、

新人看護師にとっては当たり前の日常ですが、

とにかくネガティブなので

自分は看護師に向いていないかも、と

いちいち落ち込んでいました。

また、先輩たちがコソコソ話している姿を見ると

私の悪口なのかな・・・と悩んだり、

ちょっと性格のキツイ先輩にイライラして当たられても

私のこと嫌いなんだろうか・・・

もう、気が落ち込んでばかりでした。

看護師になって半年ほどで

看護師を辞めたい気持ちがピークになりました。

インシデントが続いたり、

とある先輩に目をつけられ怒鳴られたり、

辞めたくて仕方ありませんでした。

幸いなことに担当のプリセプターが親身な先輩で

とにかくポジティブ思考な先輩でした。

相談した時に、

いちいち気にしすぎだし、

誰だってインシデントや失敗は起こす。

看護師20年以上のベテランだって

インシデント起こしてるでしょ?

それに、嫌われてるかも・・・

なんて事実を確認したわけじゃないし

ただの思い込みだよ!!

とにかくネガティブに考えてみるよりも

何事もポジティブに考えるようにしてみたら?

と、かなりポジティブなアドバイスを頂きました。

そこから、自分の思考を転換して

いちいち気にしない!

インシデントや失敗しても

次からは同じ過ちをしなければいい!

先輩から嫌われてると感じるけど、

私だって、あなたのこと嫌いだ!!

だからどうでもいいや!!

看護師になって身に着けたポジティブシンキング。

プライベートでも、いちいちクヨクヨしなくなり

性格が明るくなって、

何だか生きやすい人生に変わったものです(笑)

看護師は女性ばかりの社会。

いじわるな性格、直球な性格

ネチネチした性格、短気な性格

ほんとにいろんな人間がいます。

でも、それが社会というものです。

いちいち相手にせず

ポジティブシンキングになるだけで

楽しく看護師生活を乗り越えられると思います。

同期を大事にしよう!楽しい看護師生活を送るための基本!?

入職して、よく耳にしたのが

とにかく同期を大事にしろ!です。

この意味がいまいちわかっておらず、

一期一会の精神なのかな、程度でした。

でも、同期と仲良くしていて

本当によかったと思いました。

同期ですので、新人看護師のツライ気持ち、

大変な気持ちを唯一共感し合える仲間なのです。

一緒に飲みに行けば

同期たちの仕事の愚痴が止まりません(笑)

でも、それが何よりも新人たちのストレス発散になるのです。

先輩からこんなことで注意された、怒られた

といったエピソードも

私たちも気を付けないといけないね!と、

みんなで何とか先輩から怒られる機会を減らそうと

情報共有にもつながるのです。

また、先輩から怒られたときに

同期に話を聞いてもらったりすると、

自分だけでなく、

どの同期もツライ思いをしていることを知り、

不思議と気持ちも和らいだりしました。

さらに、先輩に頼みずらいことも

同期だと気軽にお願いできたりします。

一緒の勤務だと何だかホッとしたりします。

それは、何年たっても変わりません。

むしろ、一緒に経験年数が増えていくにつれて

仲良し度も増えていきました。

看護師生活を楽しく過ごすためには

同期と仲良くするのもコツのひとつです。

くまみ
くまみ
今だに同期たちとは定期的に集まります!つらい看護師生活を乗り越えた仲間ですので、大切な友人たちです!

信頼できる先輩をみつけよう!看護師生活を楽しく送るための最強助っ人に!

先ほども述べましたが

看護師になって半年して

本当に辞めたくなる時期がありました。

毎日が憂鬱で、ツライ。

辞めたほうが楽・・・

そう思っていました。

私のプリセプターは本当にいい人で

口が堅く、後輩の面倒見もいい先輩でした。

口の軽い先輩は何でもかんでも新人の情報を

プリセプター会議で報告したり、

ネタにして同僚たちに話したりする人もいましたが、

私のプリセプターは

情報共有する必要があると判断した内容だけ

会議で報告する、ほんとに新人思いの人間でした。

それを知っていたため、

何でも相談することができました。

辞めたいと思った時も

相談に乗ってくれたから、続けることができました。

また、他にも信頼できる先輩が増えてきて

自分が困っている時にさっと助けてくれたり、

プライベートでも食事に連れていってくれたり

一緒の夜勤だと明けでランチに行ったり、

それだけでも仕事をする楽しみが増えたものです。

つらい看護師生活を楽しいと感じさせてくれた

先輩たちは本当に最強の助っ人だと思います。

くまみ
くまみ
とにかく、相談できる先輩が一人でもいると働きやすくなりますよ!!

長期目標ではなく短気目標を考え少しずつ達成していく!

新人看護師になって、業務を覚えたり、

勉強したり、人間関係に悩んだり、

仕事を辞めたいと落ち込んでいた時です。

そんな私の変化に師長が気づき

話をしてくれました。

看護師になって、今の目標を聞かれた時に

早く一人前の看護師になって活躍したい!

と思っていると伝えました。

その目標は長期目標であり、

長期目標を早く解決しようと思うと

目標が大きく感じすぎて

今の自分とのギャップに落ち込んでしまうのでは?

と言われたのです。

長期目標を達成するために

短気目標をいくつか考えてみて

少しずつ達成していくと

達成感が生まれて、その都度がんばろうと思える

と教えてもらったのです。

私は早く一人前になりたくて

一人で焦り、失敗のたびに落ち込んでしまい

モチベーションも上がりませんでした。

師長のアドバイス通り、

短気目標を考えてみました。

休まず仕事に出勤する。

3か月は看護師続ける、

半年は看護師続ける。

9か月は看護師続ける。

など、すごく当たり前のことですが

短気目標にしてみたんですね。

すると、3か月たった時には

何とか続けることができた!あと半年まで頑張ってみるか!

と、数か月でも看護師として働くことができた自分をほめるのです。

とりあえず半年まで続けてみよう!

と、軽く考えるだけで

絶対に看護師を辞めてはいけない!

なんて、プレッシャーを無くしてみると

気楽に働けたものです。

達成感を感じつつ、気楽になることで

看護師を続けることができました。

まとめ

看護師は特殊な仕事で

いろいろなことが起きますが、

とくにしんどい新人看護師時代を

何とか楽しく乗り越えて欲しいと思います。

そのためのコツをいくつかあげてみましたが、

実際に私はこれで5年間看護師を続けることができました。

くまみ
くまみ
看護師を辞めることになったのは別に嫌になったわけでなく、不妊治療目的で退職したのですが。

ちなみに、1年間無事に乗り越えた時に

プリセプターから聞いたのですが、

同期の中で私が一番、辞めるかもと上司たちに思われていたそうです。

とにかくネガティブでしたので、

精神的に病んで辞めるかも、とみんな心配していたと言います。

そんな私でも、何とか乗り切るための方法を考え

実際に乗り切ることができたのです。

振り返ってみた時に

つらいことも多かったけど

楽しいことも多かったな、と感じることができました。

こんな私でも1年間乗り越えたのですから

みなさんもぜひ参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【新人看護師必見】辛い1年間と厳しい先輩たちを乗り越えていく方法を伝授!こんにちは!看護師夫婦の片割れ、くまみです! 1年目の時は定期的に『辞めたくなる病』がやってきました。 インシデントがなぜか...
あわせて読みたい
【厳選まとめ①】看護師おすすめ参考書・本!私はこれで乗り切った! 看護師の仕事は患者さんの命に関わるため 半端な知識や技術では仕事が成り立たないですよね。 そして、医療の世界は日々進...
ABOUT ME
くまみ
くまみ
社会人を経て看護専門学校へ入学。急性期病院で5年間勤務し妊活目的で退職。 看護師の女社会やマタハラ、パワハラなど女のどす黒い裏事情に嫌気がさす。ブログにはそんな女社会を観察した看護師の本音や裏側を激白している。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。